刺激奴隷

今日が命日でもいいように、過去を悔やまず、未来を恐れず、現在を生きる。

平凡を掴むのが俺なりのHIPHOP

f:id:juliajewelkali:20220705130824j:image
f:id:juliajewelkali:20220705130832j:image

 

 七夕の時期になると、人の短冊を見るのが楽しかったりする。真面目なお願いの中に、ふざけたものがある。クスっと笑える面白さ。

 俺は何も書かない。欲しいものは手に入れた。落ちこぼれでクズと呼ばれたこの俺は、ようやく平凡な日常を手に入れた。

 友達はいないけど、最愛の妻がいる。愛し愛されている。これ以上、何を望む事があるだろうか?

 「洗濯物干すのもHIPHOP」とZORNが言ったように、成り上がって掴んだこの生活もHIPHOPだ。

 介護施設という真面目な職場で働いてるタトゥーまみれの俺。通勤中にHIPHOP聴くのが楽しみ。こういう繰り返しの日々が楽しい。

 金稼いで女を侍らすのがステレオタイプHIPHOP。それも悪くない。でも、そうじゃないところにもHIPHOP DREAMがある。

 不登校児の引きこもり陰キャがここまできたのもHIPHOPだぜ?

 曲出してえな。

遺書は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。