空我の遺書

過去を悔やまず、未来を恐れず、現在を生きる。

ロマンチックって、なに?

 休みの多い職場の方が良いよ。給料高くても苦痛で精神的肉体的負担を負うなら、俺はすぐ辞めたくなる。

 今の会社は基本給は平均だけどボーナスが安い。でも有給が他社より多いし公休も多め。残業はするなっていう方針だから、以前の会社に比べれば自由な時間が多い。

 ストレスも自然と解消されるよ。

 朝は早いけどその分帰りが早いから、次の仕事まで休む時間はたっぷりある。そんなにツラくない。

 今日行った施設は近所だった。いつも往復三時間くらいだから、夕方に帰れて嬉しい。

 他社で言うところのシフトマネージャーみたいな立ち位置だ。だから色んな所へ行く。それぞれ個性があって面白い。そこの責任者次第で変わるものだ。環境を築き上げる人物なんだからな。

 他と違って陰口が無かった。でも、雑談すら無い。とても静か。話題を振っても話が膨らまそうとしていないのが感じられて、俺もビックリするくらいコミュ障の集まりなんだなと思う。

 帰りが早いはずなのに、時間の流れが遅い。あまつさえ、大して何も起きなかった。何か学びを得たくなった。昨日より前進していると思いたかったんだ。

 ふと、YouTubeのオススメ動画に出てきた、この動画を視聴した。

 

 

 幅広い世代で、ロマンチックとは花束贈呈を表すみたい。

 俺は、告白の時もプロポーズの時も、花を渡していた。ラブレターだって書いた。あの頃はロマンチックだった。

 今はただ毎日仕事に追われ、休みの日は安いものを食べてる。そんなに高い外食には行かない。そんな小さな幸せでも味わえる夫婦で良かったと思う。でもやっぱり、非日常な刺激を味わいたい。ロマンチックで素敵な1日を作りたい。だから俺は考えた。

 その日の為に、今月も頑張ろう。

 

お題「ささやかな幸せ」

 

遺書は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。