最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

鍵をなくして、家に入れなくなりました。

f:id:juliajewelkali:20210728211207p:image

 

 

 無駄に長いので、聞きながら読んでください。作業用BGMになるかはわかりませんが。

 

 ただネットサーフィンして暇を潰すと、家で彼女の帰宅を待ついつもと変わらないので、どうせならこの状況を記録しようと思い立ちました。最近の俺を、動画に収めています。

 

 

 一途で純愛な関係が理想なので、そうなるやうに努めてきたつもりでした。でも彼女が「愛を感じない。最近、冷たい」というなら、その通りなんだと思います。

 

 俺は幼い頃から変わった人扱いされてきて、普通じゃない自分に嫌悪感を持つ事もありつつ、なんやかんや言いながら大好きで、ここまで生きてきました。その生き方に、終止符を打たないといけないのかもしれません。

 

 「会話にならない」とよく彼女に言われます。それは、俺が自分の意見を押し倒す事に必死で、相手の立場になって考えていないからだと思い返しました。

 

 家に入るまでの2時間半は、自分の生き方について考え直す機会になりました。

 

 因みに、財布は机の所にありました。なぜ。そんなとこに置いた覚えない…。

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。