空我の遺書

過去を悔やまず、未来を恐れず、現在を生きる。

何をか言わんや

 俺は今日もエプロン巻いて仕事した。頑張って働いた。

 7時前には起き、家に着いたのは20時頃。仕事行く前の、駅から職場までの徒歩に疲れて汗を流し、行き帰りも1時間、満員電車に揺られ、もはや晩御飯を食う気力も無い。

 

f:id:juliajewelkali:20220422220206j:image

 

 

 

 妻が楽しみにしていたチャーハンを作った。あまり美味しくならなかった。創味シャンタンは塩辛い。

 

お題「こだわりレシピ」

 

 四連勤最終日。疲れ果てた。妻だけが癒しだ。キスしてくれる。豊満な肉体に抱き締められる。俺は、これで生きていられる。

 独身だったら今頃、正社員になれずフリーターか日雇い労働者だ。

 真っ当に生きるのがカッコいいと信じる。

 今日働いてみて、改めて思う。俺は、自分の意思を強く持って生きたい。他人に文句言う暇あったら内省して次に活かし、成長していたい。

 ダサい奴等は幾多数多と見てきた。反面教師になる奴ばかりだ。俺は常識や普通になんて囚われず、自らの意思で行動する。それが俺だ。

 

お題「わたしの癒やし」

 

 今日も疲労困憊で熱い湯船に浸かる。長風呂。これが俺の癒し。毎日の習慣。

 またここで汗を流す。1時間は入ってる。ここで1人反省会が開催される。

 今日はどんな一日だったのだろうか。終礼の様に振り返る。

 職場は歳上ばかりで、様々な大人を散見する。世の中には色んな人がいるんだと、改めて思う。

 「この人は人生、楽しいんだろうか?」

 そういう疑問が湧き出る。生き方は人それぞれ。だから俺が口出しする事ではないけど、俺からしたらしょうもない道を歩んでいる人が多い。その先に幸せがあるのか、俺には理解出来ない。

 そんな事より、愛する妻の事を考えていた方が有意義か。

 

 

 

お題「ささやかな幸せ」

 

 俺はもっと、愛の為に生きていたい。それが神託だった。妻を一途に愛していたい。

 愛で人生を全うするんだ。それが俺の道。

遺書は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。