最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

理想的で幸福な家庭

f:id:juliajewelkali:20210522162058j:image

 

 俺はよく、後悔のない人生を歩みたいと言う。俺は、愛する彼女にも後悔してほしくない。

 

 でも、俺と一緒になった事を後悔してるって、言われた事あるよ。

 

 

 彼女は「私は幸せになっちゃいけない」と言うが、そんな事はない。自分の幸せは、自分で決めるもの。愚行権を行使したら良いんだ。

 

 

 こんな所で、終わって良いはずはない。

 

 俺は彼女の人生に介入しただけでなく、その事によって恋人はおろか、様々な人に迷惑をかけて、人生を破壊してしまった。

 

 歯車が狂い出したのは、パンデミックの渦中で会社が倒産した辺りか。そんな事で、この恋が終わって良いはずがない。

 

 感染症に負けるのか? 俺達の愛は。

 

 否、コロナ禍というより、俺の過ちが招いた結果だ。冷静さを欠いたら、正しい選択が出来ない。そのせいで、幾度となく彼女に迷惑をかけた。

 

 俺は、彼女と幸せになりたいし、家庭も持ちたい。でも、怖い。

 

 彼女曰く、「上手くやっていける気がしない」

 

 不幸が続くのは想像に難くないし、そのような現実が来る事は容易に想像できる。でも、幸福が続くなんて、にわかには信じ難い。

 

 俺は彼女と出逢うまでの22年間、苦痛を味わい、耐え難きを耐えてきた。だから、幸せになれるとか、それが続くとか、そんな風には考えるのが難しい。

 

 いつか幸福な日常も崩れ去る。そんな風に、悪く考えてしまう。だから俺は、彼女が浮気するんじゃないかとか、何処かへ去ってしまうなんて、悲観する。俺は、「幸せになれない人間なんだ」と思ってしまう。

 

 

 でも、それでも、希望を見出したい。

 

 その目標に向かって、彼女と突き進んでいたい。そういう道のりを歩む事もまた、幸せだと思うし、素敵な人生だ。

 

 悲観主義に走るのは、もう辞めたい。彼女も、ネガティブを捨ててほしい。

 

 幸せになろう。

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。