最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

しばらく滋賀に帰りたくありません

f:id:juliajewelkali:20210313230316j:image

 

 とある神社でひいた御神籤によると、結婚前に冷却期間を設けるのが必要との事。事実、彼女とは一旦離れて、1週間以上、1人の時間を作った。

 

 それでもお互いに戻りたいと感じられたから、今度は岐阜で同棲する事になった。俺はテンション上がってるけど、彼女は落ち込んでいた。

 

 故郷だった。岐阜は田舎だから何も無いと言っていた。だから地元を出たんだとか、うんたらかんたら。

 

 まあ、良い。何事も経験である。ずっと寮に住むわけではあるまい。

 

 俺からしたら、新天地で新たな体験が出来て、良くも悪くも刺激になる。彼女からしても、金を稼ぐ為には働くしかなかろう。

 

 俺は、努力を人に強いるべきではないと考えている。行動するかどうかは、他者の課題だから。だが、俺は彼氏として、支える男として、彼女が頑張れるように協力していきたい。

 

 俺も、1人で働くと、すぐ嫌になって逃げ出してしまう。だから、支えてくれる女性が必要だった。それが、彼女。いつも仕事前に、俺を応援してくれる。

 

 『彼女の為だから』

 

 そう思うと、嫌な仕事でも努力できる。

 

 彼女にとっても、そういう立場でありたい。

 

 

 来月、結婚しようと考えてる。

 

f:id:juliajewelkali:20210313231215j:image

 

 母親に家を出る事がバレた。同棲も気付かれた。結婚も勘付いてた。でも、正直、親にどうのこうの言われる問題でもない。確かに、親の立場として言いたい事もあるやろうけど、その意見を聞いて、いかに行動するかは俺次第であり、これは俺の課題なんだ。

 

 俺は母親と暮らしていくべきではないと考えているし、むしろ彼女と同棲し、結婚もして、これからの人生を共に生きる事が、これからの幸せに繋がると考えている。

 

 だから、俺は、しばらく滋賀に帰りたくありません。

 

 

 俺は、今日が命日でも良いように生きていきたい。もうすぐ死んだって後悔の無いように、やりたいことをやるんだ。

 

 明日も命がある保証は無い。だから毎日、彼女には「愛してる」と言う。愛を伝える事を絶やしてはならない。

 

 したい事は今日中にやる。食いたいもんはすぐ食う。遊びたかったら当日に欠勤する。彼女と連絡したいからって、仕事をサボるなど、日常茶飯事だ。

 

 俺は、今を生きて幸せを実感してたい。

 

 皆アホみたいに、会社の為に身を捧げたり、自分の言いたい事を堪えたり、それで幸福なの?

 

 過去を悔やむな。未来を恐れるな。今の幸せを、感じていろ。

 

 俺は今日死んだって幸せだよ。

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。