付き合って2ヶ月記念を迎えまして

f:id:juliajewelkali:20200605013819j:image

 

 6月3日で、付き合って2ヶ月経った。濃密な2ヶ月だった。同棲や結婚も考えて、子供を作るかどうかも相談して、どうやって生活していくかも、具体的に考え出して。

 

 

 翌朝、母親からLINEがきてた。おばあちゃんが危篤だと。呼吸が1分も止まったり、脈も時々停止するようだ。意思不明で、親戚の看護師いわく、「危険な状況」

 

 

 もう、おばあちゃんとは何ヶ月も会っていない。コロナの影響で、会いたくても、会えない。難病で、免疫力や体力、筋力などが弱っている状況なので、風邪をこじらせて肺炎になったりもした。もう治っていたのに、今年になって再発し、不安になっていた。

 

 おばあちゃんの為を想うなら、会いに行かないのが正解なんだ。彼女にそう話したら、「それでホントに後悔しない?」

 

 「俺のせいでお婆ちゃんの容態が悪化したら、それこそ後悔する」

 

 彼女が俺の状況を理解した時、泣き出した。それでも、「私は、お母さんの死に目に会えずに後悔したよ。仕事せずに病院へ駆けつけていればよかったって」

 

 帰らなきゃ。そう想って、従業員に相談した。パートのおばちゃんが、「おばあちゃんは、あなたを待ってるよ。会いたがってるって、私はそう思うな。だから、今日は早めに帰っていいよ」

 

 その言葉が嬉しくて、ちょっと泣きそうになった。職場で片付けしていた時も、一人で泣いてた。

 

 

 

 昨日は記事の執筆を休んだ。正直、しばらくは筆を取る気力が無い。5日は仕事も休んだし、おばあちゃんの所へ向かわねば。

 

f:id:juliajewelkali:20200605013822j:image

現在進行形のラブレターは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。