彼女にGUCCIの財布を。

f:id:juliajewelkali:20200810233256j:image

 

 愛おしいさが、独占欲や支配欲みたいなものに変わって、それはすなわち執着で、俺のものであってほしくて、今までの男の事なんて忘れて、この俺がNo. 1になりたかった。

 

 全ての思い出を上書きして、あるいは白紙に戻して、俺の記憶でいっぱいになってほしい。

 

 きっと、俺は、ロマンチストに憧れてる。具体的な人物がいるわけじゃない。けど、幼い頃から「ロマンチックな名前だね」と言われる事が多かった。

 

 本名が、そういう名前なんだ。ブログに書けないから説明が難しいけど、ホストにいそうな名前とは言われる。

 

 でも、他者の評価と自己評価との相違を感じてきたのは事実で、「俺はそんな人間じゃない」と、自己否定や自己嫌悪に苛まれる事が多々あった。

 

f:id:juliajewelkali:20200810233954j:image

 

 お洒落な物事が好きで、喫茶店での朝ご飯なんて、素敵だなって思う。

 

 今日は彼女が引っ越しの準備をしていたから、デートは昼からだったけど、朝飯なんて食べない。彼女がいないと、俺に食欲は無い。

 

 今までは、ただ栄養を補給する為に食してるだけで、食事の喜びを味わってきたわけじゃない。そんな退屈な日常とも、もうすぐおさらばだ。

 

 彼女がいたことで、俺の人生は大きく変わった。

 

 きっと俺は、ロマンチストになれる。

 

f:id:juliajewelkali:20200810234506j:image

 

 会社からの評価で、商品券を貰っていた。最近金欠だったので助かる。

 

 いつもそうだ。お金に困る事があると、事故に遭って、慰謝料が入ってくる。今年で言えば、おばあちゃんの通夜・葬式代か。

 

 語弊の無いように言うと、俺は当たり屋じゃない。ただ、2年に1回、事故に遭うというジンクスがあるだけだ。

 

 結構な頻度で金に困ってる、自分の人生に笑ってしまうけど。

 

 

 それはさておき、その商品券を使って、彼女の好きな牛タンを奢る。でも、残り1人前だったので、彼女は別の物を頼むと言った。

 

f:id:juliajewelkali:20200810235002j:image

 

 それはそれで良かった。「色んなおかずの付いている定食が好き」と言っていたので。

 

 俺の牛タンの殆どを分けてあげる事で、彼女を喜ばせる事が出来たと思う。好きな物が、たらふく食べれただろう。

 

 

 後は、ゲーセンに行って梅干しを3つゲットしたり、可愛いワンピースを買ってあげたりした。

 

f:id:juliajewelkali:20200810235219j:image 

 

 最後に、GUCCIの財布を買いに行く。

 今、彼女が使っているGUCCIの財布は、元旦那からのプレゼント。気に食わない。思い出すような物を、手にしてほしくなかった。

 だから俺が、新しい物を贈る。

 彼女は言った。

 「誕生日プレゼントとして、受け取っておくね」

 メッセージカードや、ラブレターを渡したんだが、それは誕生日プレゼントにならないのか…。


 俺がロマンチストになる道は、まだまだ程遠い。

現在進行形のラブレターは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。