最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

マシュマロの質問に答えていく~!

お題「今日の出来事」

 

チャオ!

 

好きな食べ物はほうれん草の胡麻和え!の

 

ビッグボーイですううう!!!!!

 

 

 意外とベタな質問が来なかったので自分から答えました(笑)

 

 

という事で、さっそく答えていく

 

 

f:id:juliajewelkali:20190704015323p:plain

 

 

小学生の頃アメリカ村に行った時、服屋の黒人に「Hey! BIGBOY!!!」と言われたのが印象的だったので

 

 

f:id:juliajewelkali:20190704015450p:plain

 

 

褒めようと思った事はないよ

 

ワンワン!

 

 

f:id:juliajewelkali:20190704015601p:plain

 

 

正直に言えばいいじゃん

 

 俺は職場の人から飲みに誘われたりするけど、1人飲み派なので「嫌です」とか言うからね。直属の上司に対してでも。

 

 他人の顔色をうかがいながら生きて、いざ死ぬとき本当に楽しいと言える人生になるのかな。正直に生きた方が「やりきった」と言いながら死ねるんじゃないかな。

 

 人の心証を悪くしないまま生きるなんて無理だと思ってるから俺は。嫌われても仕方ないよ。

 

 

f:id:juliajewelkali:20190704020047p:plain

 

 

初恋以前に青春がねえよ!

 

 

f:id:juliajewelkali:20190704020207p:plain

 

 

自分の神秘体験とか話してるけど、俺は輪廻転生の否定派

 

 

 

 

 

f:id:juliajewelkali:20190704020605p:plain

 

 

youtu.be

 

youtu.be

 

youtu.be

 

 

 

f:id:juliajewelkali:20190704021018p:plain

 

 

彼女が欲しい・・・

 

 

f:id:juliajewelkali:20190704021144p:plain

 

 

続けろ

 

 どういう経緯か知らないけど、恐らく自分が望んで就職したんだろう?

 

 じゃあ、なぜ今は仕事を嫌だと感じているのか考え直すべきだ。

 

 因みに職場の悩みで一番多いのは人間関係。これはあくまで持論だが、人間関係が良ければ退屈な仕事でも楽しく熟す事が出来ると考えている。

 

 

 俺自身が「仕事そのものが嫌いだ」と思って働き続けていた時期があるけど、今は「仕事が楽しい」と言えている。

 

 あの時期の自分に必要だったのは、仕事を辞めるべきかどうかじゃない。

 

 「どうやったら仕事を楽しめるだろうか?」という思考だった。

 

 

 

juliajewelkali.hatenablog.com

 

 

 

f:id:juliajewelkali:20190704021759p:plain

 

 

仕事の質問多いなw

 

 何人か居た同期は全員辞めたので思い出話が無い。

 

 でも、俺の上司『師匠』はとても人情深くて尊敬する人。上の質問にも繋がるけど、俺は人間関係の良い職場に勤めているから「仕事が楽しい」と言えるんだと思う。

 

 閑散期は何時間も掃除する時があるけど、その間も「楽しい」って言えるからね。俺、蕎麦職人なのに清掃業やってるみたいw

 

 

 因みに後輩で言えば、最近俺の仕事を視ながら覚えてくれるようになって嬉しい。

 

 正直言うと第一印象悪かったの。仕事すぐサボろうとするし、成長するつもりないんじゃねえかって。冷酷な言い方するけど、クビを考えていたくらい。

 

 でもね、その原因を作っていたのは俺だった。軋轢を生んでいたのは自分自身。だから俺が変われば店が変わった。

 

 「こいつは使えない従業員だ」っていうのは「俺はこいつを使え熟せない上司だ」って言ってるのと同義。それを解ってから改善が出来たと感じている。

 

 

f:id:juliajewelkali:20190704022712p:plain

 

youtu.be

 

youtu.be

 

 

 

f:id:juliajewelkali:20190704023229p:plain

 

龍騎だよ~!

 

 

 

juliajewelkali.hatenablog.com

 

 

以上です

 

また何か質問があれば下のリンクから送ってください

 

marshmallow-qa.com

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。