空我の遺書

過去を悔やまず、未来を恐れず、現在を生きる。

シン・ウルトラマン観てきた

 ちょっとした事ですぐに怒る。しょっちゅう喧嘩もする。それは本音と本音のぶつかり合いだから、上面で会話するよりはよっぽど良い。「嫌い」なんて言っても言われても、本当は大好きだ。愛してる。

 俺は体が弱い。すぐ偏頭痛の発作が起きるし、心も弱いからすぐ泣きたくなる。そんな俺の事をいつも心配してくれて、嬉しい言葉かけ、優しく抱きしめてくれる。

 愛されてる。だから俺は頑張れる。守らなきゃいけないものが出来たから、前みたいに逃げだす事は容易じゃない。立ち向かう強さを得た。

 成長させられていた。寡黙だったけど饒舌になった。暗かったけど明るくなった。闇に包まれていた世界に光が差した。

 仕事でも家でも料理。妻の為に何かを作るのは、言葉に出来ない愛の表現。

 ようやく手にした幸せ。掴んで離さない。諦める方が面倒臭いから、目の前を歩む。ゆっくりと、自分の歩幅で。

 今日死んでもいいように生きる。

 メメントモリカルペディエム。私の好きな言葉です。

 

f:id:juliajewelkali:20220525215036j:image

 

 今日は朝から吐き気と頭痛に苦しんでいた。晩に映画を視聴する予定だったから、妻には黙っていようと思った。

 俺は仕事終わりに、妻へ今日あった事を話すのが日課だ。その流れで体調不良な事を伝えてしまった。

 「映画館へ行くのをやめよう」

 そう言う事は目に見えていたのに、口にしてしまった。でも、デートに行けば元気になる事も容易に想像していた。だからこそ行きたかった。

 映画館デート。久しぶりに外食じゃないデートが出来る。待ち望んでいたせっかくの楽しみを壊したくなかった。

 シン・ウルトラマン。特撮嫌いな妻が「斎藤工が出てるなら観たい」と珍しい事を言った。俺も、ウルトラマンより仮面ライダー派だが、大好きな長澤まさみが出てるなら観たかった。

 

f:id:juliajewelkali:20220525213422j:image

 

 待望の、大画面で観る長澤まさみ。初登場の場面はわざと背後から映して、なかなか顔を見せない。だからこそドアップで顔が映る時はえも言われぬ快感がある。やっぱり美しい顔面をしてるね。胸やお尻を強調するカットもあるんだけど、妻には怒られるかもしれないけど興奮した。

 内容は、端的に言うと、めちゃくちゃ面白かった。癖のある画角や台詞回しも個性があって良い。話の進み方も調子良くて中弛みしない。"空想特撮"とは言うものの、実際に起きたらこうなりそうだと納得させられる現実味があった。

 ファンが望むものが詰め込まれている。偽ウルトラマンにチョップしてスーツアクターが骨折した場面のオマージュとか、巨大化する長澤まさみとか面白かった。

 自己犠牲を正義とする脚本はありきたりではあるが、王道はやっぱり定番の面白みがある。正直、結末は序盤から予想がつく。でも、だからこそ特撮って面白いんだと思わさせられる。

 ウルトラマン、観てこなかったけど他のシリーズも視聴したいなって思った。

 次はシン・仮面ライダー。今度は妻が好みな俳優がいないけど、脚本は絶対に面白い。乗り気じゃないけど無理矢理観てもらおう。1人で行くのは寂しいからね。

 俺も、妻の為に自己犠牲も厭わない夫でありたいな。

 

 

 

 

遺書は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。