空我の遺書

過去を悔やまず、未来を恐れず、現在を生きる。

居たいからこそ痛い

 帰りの駅。周りは寒がってるのに汗水垂らし、疲れて猫背になり、俯いている俺。先頭の、一番前の席に腰掛ける。電車に揺られるくたびれた俺は、考えていた。

 電車が45分遅延して、家に着いたのがいつもより1時間遅くなった。とても迷惑な出来事。苦情を吐きたくなるが、言ったところで変わらない。自分も迷惑かけながら生きているんだから、他人からの迷惑も許すべきなんだ。

 「生きているだけで迷惑な存在なんだ。死んだ方がマシだ」

 小学生の頃はよく言った。なのにしぶとく10年、無駄に生きてきた。24歳になった事を、ふとした時に思い出す。濁流みたいな社会に溺れながらもがいてる。彷徨ってる。

 よく生きてきた。「今日こそ死のう」と思いながらここまで来た。自殺しようとは、もう思わない。愛する妻がいて、幸せを味わってる。彼女は俺にとって薬なんだ。

 精神安定剤。また服用する。オーバードーズ

 朝早くに家を出る。帰りは遅い。心が乱れる。禁断症状。中毒になってる。麻薬みたいなものだ。

 ずっと離れたくない。本当は仕事もせずに隣に居たい。でもそんな生活は長く続かない。働くしかない。一緒にいたいからこそ、俺は心を痛めて仕事をする。

 家に帰ると、妻がステーキ肉を買っていた。焼いてあげた。美味しそうに頬張っていた。

 良かった。頑張った。疲れた。

遺書は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。