最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

星の王子さまから、愛を学ぶ。

 

f:id:juliajewelkali:20210325132808p:image

 

操縦士の「ぼく」は、サハラ砂漠に不時着する。1週間分の水しかなく、周囲1000マイル以内に誰もいないであろう孤独で不安な夜を過ごした「ぼく」は、翌日、1人の少年と出会う。話すうちに、少年がある小惑星からやってきた王子であることを「ぼく」は知る。

 

王子の星は家ほどの大きさで、そこには3つの火山と、根を張って星を割いてしまう程巨大になるバオバブの芽と、よその星からやってきた種から咲いた1輪のバラの花があった。王子はバラの花を美しいと思い、大切に世話していた。しかし、ある日バラの花とけんかしたことをきっかけに、他の星の世界を見に行くために旅に出る。

 

といった、どこかへんてこな大人ばかりだった(数字は「○番目の星」として登場する順番)。6番目の星にいた地理学者の勧めを受けて、王子は7番目の星、地球へと向かう。

 

地球の砂漠に降り立った王子は、まずヘビに出会う。その後、王子は高い火山を見、数千本のバラの群生に出会う。自分の星を愛し、自分の小惑星の火山とバラの花を愛おしく、特別に思っていた王子は、自分の星のものよりずっと高い山、自分の星のバラよりずっとたくさんのバラを見つけて、自分の愛した小惑星、火山、バラはありふれた、つまらないものであったのかと思い、泣く。

 

泣いている王子のところに、キツネが現れる。悲しさを紛らわせるために遊んで欲しいと頼む王子に、仲良くならないと遊べない、とキツネは言う。キツネによれば、「仲良くなる」とは、あるものを他の同じようなものとは違う特別なものだと考えること、あるものに対して他よりもずっと時間をかけ、何かを見るにつけそれをよすがに思い出すようになることだという。これを聞いた王子は、いくらほかにたくさんのバラがあろうとも、自分が美しいと思い精一杯の世話をしたバラはやはり愛おしく、自分にとって一番のバラなのだと悟る。

 

キツネと別れるときになり、王子は自分がキツネと「仲良く」なっていたことに気付く。別れの悲しさを前に「相手を悲しくさせるのなら、仲良くなんかならなければ良かった」と思う王子に、「黄色く色づく麦畑を見て、王子の美しい金髪を思い出せるなら、仲良くなった事は決して無駄なこと、悪い事ではなかった」とキツネは答える。別れ際、王子は「大切なものは、目に見えない」という「秘密」をキツネから教えられる。*1

 

 

 星の数ほど女なんているけど、どの女性も、俺の彼女より可愛いなんて有り得ない。俺が愛情を注げるのは彼女だけだし、人生を捧げられるのも、彼女だけだ。

 

 愛っていうのは、『どれほど無駄な時間を費やしたか』かもしれない。

 

 俺は対人関係を築くのが苦手だ。他人と関わる時間が無駄に思える。会話を続けようという意思も無いから、簡潔な返事しかしない。だから、無愛想で不気味だと評価されやすい。でも、彼女は俺の事を「とても優しい」と言った。

 

 彼女と一緒に、あてもなく出かけてみたり、のんびり歩き回ったりして、穏やかな時間を過ごす。ゆっくりお茶を飲んだりもする。これは、はたからみたら無駄な時間かもしれない。昔の俺だったら、そんな時間があれば読書したいとか、勉強したいと思っただろう。

 

 しかし、今の俺は違う。愛を感じられる、素敵で楽しいひとときだと思える。

 

 彼女が、俺にとって特別な存在なのは、そういった時間を共に過ごしてきたからだと思う。俺にとって1番の女性で、とても愛おしい彼女なんだ。

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。