付き合って4ヶ月記念日。初めて彼女の子供と遊んだ。

f:id:juliajewelkali:20200803184911j:image

 

 最近、皿うどんが食いたくてたまらなかった。何年も食ってない。一時期はハマってたのに。

 

 Siriで検索して、近くの中華へ。

 

f:id:juliajewelkali:20200803185111j:image

 

 彼女はエビマヨのセット。彼女の好物。俺はエビマヨ食ったの2回目。最初はコンビニの奴で、味は普通だったけど、ここの奴はバリウマ。

 

 キャベツのキムチも美味。唐辛子より、塩の辛さが効いてて、これまた旨し。

 

f:id:juliajewelkali:20200803185218j:image

 

 さらに油淋鶏も頼む。食べたの11時だけど、事実上の朝ご飯。にしては多い笑

 

 思ったよりボリューミーな店だったので、「食い切れるか?」と笑いながら言い合った。

 

f:id:juliajewelkali:20200803185327j:image

 

 そこに、さらに、握り拳より大きい唐揚げが来た。あまつさえ2つ笑

 

 結論から先に言うと、食い切れた。大食いって言うほどの男じゃなく、むしろ少食と言われるタイプの人間なんだけど、彼女と一緒に居ると、たらふく食える。食欲が湧いてくるんだ。

 

 特に、今日は4ヶ月記念日だし、夕方は子供と遊ぶ約束をしていたので、テンション上げ上げだったというのもある。

 

 この店、美味かったから、また行こうな。

 

 

 一旦別れた後、公園で遊ぶ。自己紹介した時、子供達は目を合わせてくれんかったから、「そりゃ、いきなり知らんオッサンが来たら、警戒するよな」と内心思う。

 

 でも、俺は、諦めなかった。大事なのは、自分から心を開く事だ。

 

 意識したのは、ちゃんと目を合わせて微笑む事。こちらから心を開く事で、怖い大人じゃないよ、という事を示す。

 

 そしたら、子供達2人の方から、「一緒に滑り台すべろ?」と言ってくれた。

 

 とにかく、子供に戻ったつもりで、はしゃぎまくる事が大事だな、と思った。

 

 ただ、すぐバテた笑

 

 子供って体力あるな。俺も若い頃そうだったけど、歳とった事を痛感する。

 

f:id:juliajewelkali:20200803185545j:image

 

 あまりに暑かったので、屋内に行きたかった。冷たい物が飲みたい。シェイク。

 

 男の子の方は、すぐに心を開いてくれた。あんまり社交的な方じゃないと彼女に聞いてたけど、なぜか俺には態度が違った。なんでやろな。

 

 

 女の子とも仲良くなりたかったので、目を合わせて笑ったりするよう意識した。

 

 俺が男の子と仲良く遊んでる様子を見てか、女の子も遊んでくれるようになって、内心めっちゃ嬉しかった。

 

 「今度は違う公園に行って遊ぼ〜!」

 

 心を開いてくれたのは喜ばしいんだけど、子供の体力についていけん笑

 

 育児の大変さを、身を持って知る。

 

f:id:juliajewelkali:20200803191053j:image

 

 違う公園に行った。1回目に行った所はブランコがなかったので、それがある所に。

 

 いっぱい遊具のある所なので、とにかく遊びまくった。そしたら、「大人なのに、こんなもので遊ぶんだね」と言われた笑

 

 

 とにかく可愛かった。子供って、愛おしいな。

 

 18時30分まで、約2時間半ほど遊んだんだけど、それだけで子育ての大変さがわかるな。

 

 でも、また遊びたいと思えた。

 

 

 別れ際、男の子は普通にしてたんだけど、女の子は寂しそうにしてた。それもまた、嬉しかった。

 

 家に着いた頃、「また遊びたいって、子供達が言ってる」とLINE着た。俺もまた、遊びたいよ。

 

 

 あと、彼女が、4ヶ月記念のプレゼントくれた。リトルグリーンメンのキーチェーン。俺が好きな奴。嬉しい。ありがとう。

 

 

 ああ、明日は絶対に筋肉痛だよ。

 

現在進行形のラブレターは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。