101日後に結婚する年の差カップル

過去を悔やまず、未来を恐れず、今を生きる。

水子供養に行ってきました

f:id:juliajewelkali:20210219204858j:image

 

 彼女との恋愛は、最初で最後の、最高な恋愛だったと思います。

 

 東京の寺に埋められてるんですが、今はそこまで行けないので、事情を話し、近くの寺で供養してもらいました。

 

 お焼香をあげて、葬式の時に唱えるお経を、住職の方は唱えてました。涙が止まりませんでした。


f:id:juliajewelkali:20210219204848j:image

 

 この世界に、産まれてほしかった。可愛がりたかった。性別もわからない子供を、俺は失いました。

 

 ただただ泣くしかありません。

 

 俺は誰かに愛されたかったし、誰かを愛して生きたかった。子供も欲しかった。その夢は、一年も経たないうちに、壊れました。


f:id:juliajewelkali:20210219204853j:image

 

 住職にお守りをもらいました。これを撫でていると、まるで我が子を撫でてる気分になって、涙が止まりません。

 

 御供物として、子供向けのお菓子も買ってみました。こういうのを、食べさせてみたかった。

 

 テレビとかで親子の映像が流れると、ああいう家族の姿が羨ましくて、本当にツライです。

 

 俺は、我が子を抱きしめたかった。

 

 

 ネットにその事を相談する投稿をしました。すると、「泣きたいだけ泣けばいいし、無理に忘れる必要もない」と言われました。続けて、「だって、幸せな思い出だったんでしょ?」

 

 女々しい話ですが、それを言われただけでまた、涙目になってしまいます。

 

 そして、助言を貰いました。

 

 「それをいつか次好きになった人に話しな?
ちゃんとその思いを受け止めてくれる人と付き合いな。1人で背負うには荷が重すぎることやからね」

 

 俺は、あの時自殺しなくて良かったのかもしれません。俺はまだ、死ぬ事を許されていないのでしょう。

 

 我が子を死に追いやった罪を背負って、それを償う生き方をしなければなりません。ただ、人の死は、償いようが無いのです。なぜなら、取り返しのつかない事なのですから。いくら謝罪や後悔の言葉を述べたところで、戻ってくるわけじゃありません。

 

 

 贖罪。俺は残りの人生を、苦しみの中で生きるしか無いのです。なぜなら、それだけの事を、俺はしてしまったのだから。

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。