彼女の子供にオモチャを買って、焼肉へ。

f:id:juliajewelkali:20200806203453j:image

 

 彼女がラブホテル行きたがってたのに、俺が財布忘れて、満席になって、帰るしかなくて、車中は嫌な雰囲気。謝罪の意と自己否定で言葉が出ない。

 

 ツラい。もう嫌だってなるし、胸が苦しいし、何も喋れないし、「こんな自分がもう嫌だ」って言葉が、Loop Loop Loop  Loop して。

 

 情けないこの心に生きる理由を与えて。

 

f:id:juliajewelkali:20200806203856j:image

 

 せめてもの罪滅ぼしで、喫茶店くらいは奢って、ハンバーガーでも食べようと思ったのに、涙が出ちゃって、自己嫌悪に苛まれて。

 

 なんで俺は、上手く生きれない?

 

f:id:juliajewelkali:20200806204410j:image

 

 夕方。彼女の息子を迎えに保育園で。入り口で待ち、名前を呼ぶ。こんな経験できるのは、最初で最後。

 

 それから、予防接種へ。付き添いができないので、車中で娘と一緒に待つ。

 

 髪を撫でたり、抱きしめたり、チューしたり。

 

 とても愛おしかった。

 

 

 それから、タピオカ屋に行って子供達に飲み物を。美味しそうに飲む3人の姿が、微笑ましい。

 

 その後、ゲームセンターへ。マリオカートやって、エアホッケーで遊んだ。どちらも人生初。とても楽しくて、一生の思い出に残る。

 

 記念に撮ったプリクラは、もう子供達と会えないからだ。きっと遊べるのはこれで最後だし、写真くらい残しておきたかった。

 

f:id:juliajewelkali:20200806204630j:image

 

 そして、買い物へ。前に約束してたオモチャを買ってあげた。彼女の息子にはスーパー戦隊の物を、娘にはサンリオのヘアピンと入浴剤。

 

 彼女の息子が、とても大事そうにオモチャを持ってる姿が、可愛くてたまらなかった。

 

 ただ、娘の方は、物欲があまりなくて、俺が「何か買ってあげる」と言っても、何も欲しがらなかった。だから、こちらの方から、何か実用的な物を提案するしかなかった。

 

f:id:juliajewelkali:20200806204938j:image

 

 最後に、息子が行きたがってた焼肉屋へ。彼女も好きな店だ。娘も喜んで、幸せそうに食事してた。

 

 彼達彼女達は、俺からしたら実の子じゃない。でも、なんか、他の子供とは別格の、特別な存在に感じる。

 

 愛おしい。けど、これを食べ終われば、もう離れるんだって思うと、寂しくて、胸が苦しくて、つらかった。

 

 

 俺が何者かは、子供達に伝えてない。

 

 大きくなってから、俺の存在を覚えているかどうかはわからないけど、もし覚えていてくれたら嬉しい限り。だから物を買ってあげたけど、それをいつまで持ち続けてくれるか…。

 

 ただ、俺が、子供達と会えるのが最後だからこそ、後悔の無いように接したつもりだ。

 

 別れ際、多少は冷たい態度になったと思うけど、あまりにもベタベタしてしまうと、今度は俺が離れられなくなってしまう。きっと、涙を溢していただろう。だからこそ、こうするしかなかった。

 

 

 彼女も、もうすぐ子供と離れる。俺と違って、二度と会えない訳じゃないけど、しばらくは会えなくなる。そんな彼女にとっても、良い思い出であってほしかった。

 

 愛してる。だからこそ、俺が絶対、幸せにしてやる。

 

 明日は期待してろよ?

現在進行形のラブレターは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。