彼女にバラの花束を。

f:id:juliajewelkali:20200817230818j:image

 

 今日は、一生の思い出に残る。

 

 

 彼女が、何気ない会話の中で、「今まで花束貰った事ない」と言っていたのを、聞き逃さなかった。だから俺は、彼女へ花束を贈る、最初で最後の男になりたかった。

 

 今日は、その為のデートである。

 

 

f:id:juliajewelkali:20200817231709j:image

 

 前に「回転寿司行きたいなぁ」と口にしていたので、そこへも連れて行きたかった。でも、安価な大衆向けチェーン店は嫌だ。

 

 だからと言って、回らない寿司に行ける余裕も無かったので、間を取ったような、丁度良い所を発見。そこへ立ち寄る。

 

 回転寿司でありながら、ちゃんと職人が握る店で良かった。

 

f:id:juliajewelkali:20200817231911j:image

 

 「もっと食べろ」と連呼して、満腹を超える以上に、寿司を頬張った。

 

 美味しそうに舌鼓を打つ彼女の姿が、愛おしい。

 

f:id:juliajewelkali:20200817232015j:image

 

 さらに、デザートでタピる。

 

 その後は、また服屋を巡り、夕方までウィンドウショッピングを楽しむ。

 

 彼女は大人しい服装ばかり着るので、多少は派手目な服を着てほしかった。「若かりし頃は着ていた」とは言うんだけど、今でも女を捨てずに居てほしい。だから、デートでよく服屋へ行く。

 

 

 そこから、一旦休憩を挟み、また夜になると出掛ける。そこから先の行き先は、彼女には秘密。

 

 何ヶ月も前から、下調べをして決めていた所だった。

 

 

 彼女は前に、「夜景を見た事がない、見てみたい」と言っていたので、ググってみると、家からちょっと行った所に、夜景スポットを発見。そこへ向かった。

 

 そして、予約しておいたバラの花束を渡し、「結婚しよ」とプロポーズ。

 

 彼女は、すぐさま泣いた。喜んで笑ってくれるかな、と予想していただけに、意外。

 

 

 緊張が解けたら、お腹が空いた。近くのフレンチへ。

 

f:id:juliajewelkali:20200817233009j:image

 

 『恋のフレンチガール』というカクテル。「彼女に合ってるんじゃね?」と思ったけど、よくよく考えたら、彼女は酒が飲めない。俺が飲む。別でミルクティーを注文。

 

f:id:juliajewelkali:20200817233146j:image

 

 彼女が大好きなポテトサラダに、好物のステーキ。あと俺好みの生ハム。

 

 今日という特別な1日に合った、素敵な雰囲気の店。オシャレに酒を飲む。

 

 彼女はまだ、余韻に浸っていて、そこもまた、素敵だった。

 

f:id:juliajewelkali:20200817233323j:image

 

 ローストビーフの山ワサビ添えと、海老のアヒージョ。そしてミートソースのパスタ。

 

 何もかもが美味い店だ。彼女と幸せなひと時を過ごすのに、相応しい。

 

 愛おしい彼女を、これからもっと、幸せにする。

 

f:id:juliajewelkali:20200817234008j:image

 

 まだまだ、予定しているデートは沢山ある。どれもこれも、彼女が好きそうなプランになってる。

 

 幸せな未来が、待ってる。

 

f:id:juliajewelkali:20200817234037j:image

 

 モヒートとかいうのを初めて飲んだが、あんまり言うほど美味くなかった笑

 

 でもまあ、こういうのも、死ぬまでに一度は口にしてみたかったし、良い思い出。

 

 

 今日は、俺がロマンチストになる1日だった。

 

 スーツを着て、花束を持ち、歩いている自分。すれ違う人にジロジロ見られたけど、悪くなかった。

 

 何も恥ずかしい事はしていない。むしろ、誇らしい。

 

 

 これからもっと、彼女にロマンチックな1日を提供したい。

 

 愛しているよ。未来は必ず、幸せだから、心配しないで。

 

現在進行形のラブレターは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。