最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

なんで一緒にいるのかなんて、そんなこと考えないで

 自ら人生の難易度を上げていく人っているけど、俺はそんな事したくなくて、ただ楽に幸せに生きられたら、それで良い。高望みはしない。別に夜景の見えるタワーマンションになんて住もうとか考えない。

 

 スーパーで買ったつけ麺のスープがめっちゃ美味いとか、一緒にゲームで勝ったら楽しいとか、夜中までキスしまくって、汗だくになりながら疲れ果てるとか、そういった日常が至福だよ。

 

 彼女と一緒だからこそ、こういった日々が幸福に感じられるのだと思う。1人で暮らしていた頃の俺ならば、ただ退屈な1日を過ごして終わりだった。

 

 無理に難しい事考えようとしなくても、ただ今の幸せを感じて、それに満たされればいいな。

 

 今日から、夜もバイトする。ラブホテルだけならまだしも、接客業はしんどいのは目に見えてる。経験あるしわかる。でも、俺は働かなくちゃならない。もっと稼げば、彼女と旅行行ったり外食したり出来る。

 

 今日から、楽じゃなくなる。でも俺は頑張る。

 

 仕事中も吐いたりしてヤバかった。微熱もある。2ヶ月も下痢だからか、脱水症状が出てる気がする。でも、ここは耐える時だ。この苦痛を乗り越えた先に幸福があると期待して、努力するしかない。彼女だって、頑張って働いてるんだから。

 

 のらりくらりと、のんびり過ごしてきた日々とは、おさらば。

 

 また、愚痴を聞かせてよ。

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。