彼女がセクハラを受けたので、怒鳴り散らかした話

f:id:juliajewelkali:20200620083845j:image

 

 俺の目の前でセクハラした先輩がいた。お尻を触ってた。初デートの前日。今でもその光景を鮮明に覚えている。

 

 店長に相談しろ、と言った。店長はなぜか笑って流した。多分、大ごとにしたくなくて、揉み消そうとしたんだ。この店は過去に何度か問題を起こしているから、上に言いたくないのが本音だろう。

 

 俺は後悔した。なぜ自分が行動を起こさず、上司に任せてしまったのか。

 

f:id:juliajewelkali:20200620091448j:image

 

 2回目。俺も店長もいない時だった。同じことされて、「やめてください」と言ったら、「この程度はスキンシップなんだよ」と返されたらしい。

 

 それをLINEで聞いて、ぶん殴ってやりたい思いだった。

 

f:id:juliajewelkali:20200620091455j:image

 

 3回目。また、俺の目の前で。さすがにキレて、「やって良い事と悪い事があるでしょ」と叱ったら、目も合わさずに「わかった、わかった」と言いながら通り過ぎようとした。それに怒り心頭で大声を出したら、また目も合わさずに「わかったから」

 

 

 すぐ店長に報告しに行った。

 

 「お前がそこまでキレたんなら、もう大丈夫だよ」

 

 大丈夫な訳あるかボケ。そう言いたかったけど、さすがに上司と口論にはなれない。

 

 店長は彼女に、「お前もお前だ。そういうことされやすい人間だから」と言うんだ。だからといって、セクハラしていい理由にはなんねえだろ。

 

 上司に言っても、本当に無駄な事はわかった。俺の力でどうにかするしかない。

 

f:id:juliajewelkali:20200620091517j:image

 

 仕事に戻ったら、肩を叩いて「ごめんね〜」と笑いながら言ってくるから、反省してない事は察した。ヘラヘラしてんじゃねえよ、と内心思った。

 

 「俺じゃなくて向こうに謝れや。お前が悪いんだろうが。てめえ何やったか、わかってんのか?」

 

 「わかった、わかったから」

 

 同じ言葉を繰り返すこいつに、もう心底腹が立って、顔も見たくないとさえ思った。悪びれる様子がない。

 

 確かにそのあと謝りに行ったみたいだが、俺に言われないと謝れないような先輩って、どうなんだ。男として最低な事してんだぞ。

 

 

 本心は、殴りたい。3回もセクハラを繰り返す奴を放置する、店長にも問題がある。クビにしろや。

 

 だが、言っても無駄だ。俺が変える。この現状をほったらかしにしたくない。

 

現在進行形のラブレターは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。