愚行権の行使

忘れよう、朽ちよう。

お前のやりたい事はなんだ?

f:id:juliajewelkali:20201213202013p:image

 

 株主総会の意向では、ゆくゆくはこの会社は売却されるとの事。

 

 赤字経営で、頑張っていても出世するわけでも昇給するわけでもないので、努力するだけ無駄であると、上司に言われました。

 

 上司は、来年の春頃を目処に退職すると言ってました。俺は、社長が退任したし異動も出来るので、退職する理由が無くなったと考えてました。でも、上司曰く、「ある程度貯金したら出て行った方が良い」との事。

 

 相続する家のリフォームを考えていたので、その分の金だけ貯め、家を改築出来たら、俺も転職しようかと思います。

 

 異動先が、昔バイトしてたラーメン屋の、フランチャイズ。転職するなら、直営の方にしようかと思ってます。経験はあるし、フランチャイズの店である程度仕事を思い出して、身に付いたら直営に移ろうかと。

 

 師匠にも、ラーメン屋は向いてると言われた事あるし、自分でもやりやすいと感じているので、そっちの方が良いかな。

 

 

 転職の話題で上司に言われたのが、「お前のやりたい事はなんだ?」

 

 ちょうどそれを、一昨日考えてました。

 

 

 俺がやりたいのは、俺にしか出来ない、想像力や感性といったものを使う事柄です。

 

 販促の仕事とか、ブログとか、サムネイルがそれにあたります。

 

 日記を書き、読み返す事で、自分の人生を俯瞰で、あるいは客観的に見れるような気がしています。

 

 

 俺は、今日死んでも幸せであると、そう思える日々を過ごしています。だから、やりたい事はやれています。

 

 今の自分は、過去の自分からは想像もつかない人物になっています。要は、小さな変化を続けているという事です。

 

 そうやって、未だ見ぬ新しい世界を探していく。それが俺の人生です。

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。