愚行権の行使

忘れよう、朽ちよう。

女性2人と飲みに行った話

f:id:juliajewelkali:20200422154848j:image

 

 喫茶店でモーニング。彼女と2人で甘いものを食べるデートに憧れを抱いていた。

 

 食後、彼女と眼鏡屋へ。ついでに俺もサングラスを購入。初めて買った。意外と似合ってる自分に驚き。夏になったらヘビロテしよう。

 

f:id:juliajewelkali:20200422155112j:image

 

 その後はステーキ。彼女は肉が好きだと言った。こないだのデートでもステーキ屋へ行ったので、料理が被ってしまうところに若干の引け目を感じるが、向こうからの提案なので断らなかった。

 

 次に、ホームセンターへ。早ければ8月から同棲できる予定なので、その前に必要な物を購入しに行った。どんどん2人での生活が具体的になってきている事に、ますます喜びを感じる。

 

 

 それから、彼女の親友と3人でご飯。中華料理屋の店員で、俺より年上の息子を持つ。

 

 「一緒になっても幸せになれないと思うよ」と言われたのが印象的だった。

 

 そう言うのも無理はない。彼女は子供を手放すつもりでいるから、それは母親としてどうなのかという意見だ。それは正論だし、それが世間一般的な考え方というのも理解できる。だが、万人がそうやって『普通』の生き方をしているかというと、そうではない。

 

 俺と彼女は過去に問題があり、不幸を積み重ねてきた人生だった。そんな2人が巡り逢った。

 

 これからは2人で幸せな人生を築こう。そう誓う事に、何の問題があるだろうか。

 

f:id:juliajewelkali:20200423063543j:image

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。