空我の遺書

過去を悔やまず、未来を恐れず、現在を生きる。

俺のしょうもない人生を紹介します。

f:id:juliajewelkali:20220225192333p:image

 

 

誕生から高校中退まで。


 1998年3月8日。俺は産声を轟かせずに産まれた。首に臍の緒が巻き付いて仮死状態。今思い返せばこの時に死んでおけば良かった。別に望んで生まれた子でもなかったらしい。母方のお爺ちゃんお婆ちゃんが「孫の顔が見たい」という理由だけで不妊治療の何百万を出し、なんやかんやあって俺はこのクソみたいな世界に生を受けた。
 父方のジジババには好かれなかったらしい。理由は知らない。母親はこの年寄りによく虐められ、父親は助ける様子もなかったと聞く。夫婦仲も良くなかったからか、母親は父親に黙って遊びに行っていた。俺を押し付けて。実質、ネグレクトだ。俺は父親にも可愛がられた記憶は無いし、あまつさえ顔も名前も知らない。
 俺が保育園の年長になったかなってないかくらいで、父親は自殺した。離婚を突きつけられたかららしいが、死人に口なし。そもそもなんで離婚なのかも知らないし訊くつもりもない。
 母子家庭になってからは、親戚の家をたらい回しになった。保育園の終園時間になっても迎えに来ないなんてザラにあった。仕事が休みでも家に居ないなんて当たり前。
 どっかの親戚が言っていた。
 「こんな小さい子を1人でほったらかすなんて。お前は大きくなってもグレんなよ」
 母親は風俗をやりながら俺を育てていた。待機部屋でデリヘル嬢と一緒に夜王を見たり、お菓子やインスタント麺を食べていた。
 年長になると、家に放置される事もあった。我が子を置いて、変わるがわる男に会いに行く。もちろん晩飯は無し。夜中に帰ってきて早速寝ようとする母親に、「お腹空いた」と泣き喚く俺。無視されたのがつらくてつらくて、その記憶が脳裏にこびり付いている。
 今じゃ「卑しい」と言われるほど食べたがるのは、こういう幼き体験によるものだろう。
 家を出たいと思い出したのはこの頃。片道2キロあるお爺ちゃんお婆ちゃんの家まで歩いて向かった。その道中で見知らぬ人が俺を車に乗せ、目的地まで送ってくれた。今思うと怖い事をしている。
 また、洗濯物や使用済みの食器、ゴミなどが家に散乱するようになった。呆れた俺が家中を掃除したら、喚き散らしてゴミ捨て場からゴミを持ち帰ってきた。本当に頭のイカれた奴だと思う。この行動は何回かやってるが、同じ事の繰り返し。もう諦めた。ゴミ屋敷の完成だ。自分のゴミだけは捨てに行くようにしていたが、手に負えない。
 小学生に上がると、本格的に家を出たいと思うようになる。その為に金が必要なのは馬鹿でもわかる。"中学生からアルバイトが出来る"という情報を知り得た俺は、絶対に働くと決心した。
 小学校で虐められていた。洗濯されないから何日も同じ服を着たりするし、クラスで一番太っていた。かつ一番頭も悪い。そして一番、空気が読めない。輪に入れない者、馴染めない者は、排除される。標的になる。皆の、ストレスの捌け口。
 虐められている事を両親に言えない子が多いらしいが、俺は自分から言った。でも別に、何かしてもらえるわけではなかった。「ふーん」としか言わず、ずっとパソコンかケータイで男とやり取りしている奴だった。
 俺は隙を見計らってパソコンを触っていた。虐めについてググった。その流れでなぜか少年法を聞き齧った俺は、やられたらやり返す事を決意。仮面ライダーが好きだったので、悪を成敗する姿に憧れていたんだ。
 謝る事になったのは、俺の方だった。教師は俺が虐めっ子に謝罪しろという。その子の親が家まで乗り込んで来たり、別の場面だと向こうの家まで謝りに行かされた事もあった。
 俺は、勧善懲悪を実行したまで。悪を持って悪を制した。先に手を出す方が悪いのだと思っていたが、うちの母親は俺を責めた。意味がわからなかった。俺は被害者だから守られて然るべきだろうに、なぜこっちが頭を下げているんだ?
 学校が嫌いになった。母親の事も。
 中学生になり、環境が変われば虐めも解消されるかと思ったが、人が変わるだけで現状は変わりはしなかった。不登校になる事を決意した。勉強なら家でも出来るし、わざわざ暴力を振るわれに向かうのは嫌だった。
 自転車通学だが、嫌すぎて道路でサボっていた。でも、狭い世界しか見えておらず世間知らずなので、学校に行かなければ自分に存在価値が無い、行く以外に選択肢が無いと思い込んでしまい、遅刻という手段で学校へ行った。遅れた事に怒った担任にチョークスリーパーをされた。
 本当に学校が嫌だ。いや、暴力が嫌なんだ。でも、家に居たところで母親に暴力を振るわれるだけ。どっちにしろ俺はツラい。こんな状況で死にたくならない奴なんているだろうか?
 登校拒否を意思表示する。母親はそんな俺を無理矢理車に押し込んででも連れて行こうとする。校門で降ろされるから裏口から抜け出した。鍵っ子だったのは都合が良い。さっさと帰って、家でのんびり出来たから。
 学校なんて建物を見るだけでも嫌悪感を覚えるようになった。フラッシュバックだ。だからどうしても行きたくなくなった俺は、母親に暴力を振るうようになった。向こうが力ずくで登校させようとするなら、俺も反抗するしかない。こうして登校拒否を強行。母親がこの事を同級生に愚痴ると、土産物屋の社長なのでウチで働けと行ってきた。
 「学校に行くか、アルバイトをするか、どっちか選べ。どちらもしないのは駄目だ」
 小学生の頃、中学に上がったらアルバイトをするって決心していた。その事を思い出し、働く事にした。初任給で、お婆ちゃん達と回転寿司を食べた。週一で働いて5000円丁度は安いけど。
 中2に上がった。担任が急に三者面談とか言って夜に呼び出してきた。不登校になると告げたら、スクールカウンセラーが呼ばれる事になった。
 「虐めを母親に言わなかったのは、親を心配させたくないからだね」
 適当な事を言う奴だった。俺は親を信用していない。言ったところで何も変わらない。だから自分の力で解決しようとした。そもそも行かなければ虐めに会わなくて済む。それだけの話。
 別室登校をしなさいと言われた。話が通じない。俺はそもそも、学校自体に恐怖を覚えているんだ。とか言いながら数ヶ月は行っていたけど気持ち悪いのは変わらないので、行かない事にした。
 「甘えるのはやめなさい。ちょっとは耐えなさい」
 俺には理解不能だ。逃避は甘えてるのではなく、自己防衛。頑なに登校を拒否したら、ホースセラピーを勧められた。人間不信なのが伝わったかもしれない。
 乗馬は楽しかった。ただ毎日ひたすら馬に乗っていた。でも、勝ち負けとか興味無かったので試合には出なかったら、乗馬クラブの部長に怒られた。何が駄目なのか理解出来ない。純粋に乗馬をするのが楽しいだけでやっているのに。
 そのまま中学を卒業。部長から「馬術部に入ってウチでバイトしろ」と勧められたので承諾した。
 俺は当時、労働基準法を知らなかった。時給というものすら。
 朝5時から夜20時まで、週6で働いていたのに2万しか貰えなかった。15歳からしたら大金だったけど、おかしい事に気付く。
 『ブラック企業』という言葉が誕生した頃だった。意味について調べているうちに少しは知識が身につき、今の倍以上は貰えて当然だとわかる。
 母親に訊いたらその事を知っていると答えた。住み込みのバイトだから家に居ないのが助かるってだけ。我が子を安く売れるところが意味不明だった。居てくれなくても良い存在なんだろう。
 ラーメン屋に転職した。この頃に、YouTubeのオススメに出てきた、SkrillexのRock n' Rollを初めて聞いた。DUBSTEP・BROSTEPというイカした曲調を初めて知り、MVの格好良さに感銘を受けた。

 

 

 俺はこの曲を一度聞いて、「変わりたい」と思った。急に明るく振る舞うようになったと思う。お洒落したい、色んな服が着たいと思うようにもなった。高校生になった俺は、変化と成長をするんだってね。
 私立の高校だったので、学費はバイト代から工面した。校長先生に頼んで分割にしてもらったんだ。ちゃんと時給が出るから、14万は稼げた。今まではお婆ちゃんが助けてくれていたけど、ここなら毎月の学費を出しても余る額。貯金出来てると思っていたが、母親の衣類がドンドン増えていった。盗まれていたんだ。
 「お前の給料で買ったんだ」とハイヒールを自慢してきた。お婆ちゃんにどうにかしてくれと言ったが、何も言ってはくれなかった。だから嫌いになった。学費は知らず知らずのうちに滞納。退学する事になった。
 あまつさえ、ここでもお局に虐められた。それが直接的な原因ではないけど、こういう人生を歩んできた中で、いつしか希死念慮が取り憑くようになり、毎日何回も「死にたい」と言っていた。日々を過ごす事が苦行でしかなかった。自殺に関する事をよく調べていたし、遺書を初めて書いたのは小学生の頃だ。
 自殺方法は怖いものが多かった。手順も難しかったりする。一番楽で簡単なのが、車の前に飛び出す事。実行したのはバイト帰り。数秒前まで死ぬつもりはなかったけど、向かってくる車を見ていたら前に飛び出したくなった。


自殺未遂の時に経験した神秘体験。


 車にはねられ道路に横たわる俺。衝撃で歪んだママチャリも倒れている。それを、俺は上空から眺めていた。
 幽体離脱。幽霊なんて信じていないが、肉体から離れ、魂だけの姿で自分を見つめていた。
 その時、どこからともなく、男とも女とも分からない声で、「神はいる」と言われた。鼓膜を震わせているというより、直接脳に話しかけられているかの如く、不思議な感覚だった。
 次の瞬間、光のトンネルを突き進むかのように視界が白くなり、純白の世界に俺は居た。その時、ホラー映像でよくみる透き通った体すら持っていなかった。ただ、本当に魂だけがあるかのような状態。
 全ては一つだった。神と一体化した。真我としてそこに在る俺と、世界そのものが繋がっていた。梵我一如とは正にこの事。それに気付いた時、世界は色付き、肉体に魂が戻った。俺は、その日から有神論者だ。
 涙が込み上げてくる。近くのコンビニに身を移し、号泣した。その様子を見ていた通行人が救急車を呼んでくれた。
 病院に着いて担架で運ばれている時、看護師が俺の手を握った。その瞬間、声がする。
 「愛の為に生きよ」
 また涙が流れるが、意味は解らなかった。この言葉を理解するのに、数年を要した。

 

神社で働く蕎麦職人になった。


 ラーメン屋を辞めてニートになった。俺は会話が苦手で、人間関係を上手く築けない。社会不適合者とは正に俺の事。引きこもるのがお似合いだ。
 お婆ちゃんに食べさせてもらったり、母親に「盗んだ分を返せ」と言って取り返したりして、何とか食い繋いだ。
 そんな生活をして数ヶ月、親戚が地元で作られている蕎麦をご当地グルメにしようと、協議会を立ち上げた。俺に蕎麦を食べるよう言ってきた。
 正直あんまり蕎麦は好きじゃないから、期待していなかった。でも、初めて食べた手打ち蕎麦はとても美味しくて、修業する事を決意。
 授業料で2万かかる。働かねばならない。でも仕事探しをどうしていいかわからない俺は、派遣社員という手段を見つけた。勝手に仕事を探してくれた。
 工場で働くようになる。昼夜逆転していたのを良い事に、夜勤にした。お金を盗まれた。腹を立てて警察に被害届を提出すると言ったら、「お前の事なんて誰も興味ねえよ」、「お前のせいで工場を止めて違う仕事増やされなきゃなんねえのか?」と工場長に言われ、泣きながら退職すると言った。
 今度は夜勤を辞めて、日勤。夕方には帰れるし給料もそんなに悪くない。でも、仕事が合わなかった。単純作業は気が狂いそうになる。まるで自分が機械かのように感じる。ロボットの代わりは御免だ。
 工場は続かなかったけど、手打ち蕎麦は習得した。ニートだけど蕎麦打ちは頑張った。
 その後は2回コンビニでバイトしたけど、どっちも店長にキレて辞めた。客層は悪いけど廃棄が貰えるから、食費が浮いて良い仕事。でも俺はこき使われていると我慢できなくなる。フリーターだからと言って徹夜のシフト組まれたり、「挨拶を無視された!」と突然叫び、店に俺1人残して出て行った店長。
 また少しの無職期間を経て、今度は実家の建築会社で働いた。もしかしたらコンビニはその後かもしれないけど、もう覚えていない。
 実は小学生の頃、『将来の夢』を発表する授業で、「実家の会社を継いで社長になる」と言った覚えがある。夢が叶える機会を得た。でも、その期間は数日で終わる。
 俺は重度の偏頭痛持ちで、直射日光に長時間曝されていると吐き気と頭痛に苦しみ、身動きが取りにくくなって、意識・言語障害も出る。
 持病がなかったら続けていたかというと、そうではない。単純に社員達から「アホ」だの「辞めちまえ」だの言われるのがツラくて、現場で手首を切り、そのまま病院へ。そしてバックれた。
 俺は、人として扱われたい。大切にされたい。愛されたい。俺はストレスの捌け口でもなければ機械でもない。今ここに生きてる、1人の人間なんだ。この世のどこかにあるかもしれない、俺が居てもいい場所を探している。もう泣きたくない。吐きたくない。手首を切ったり、車の前に飛び出したり、こんなのやりたくてやってるわけじゃない。可愛がられたい。大事に扱われたい。本当は死にたくないんだ。
 「生きててもいいよ」
 「愛してるよ」
 今思い返せば、この言葉を、ずっと求めていたのかもしれない。「大好き」と言われれば舞い上がる。ずっと身内からも他人からも嫌われながら生きてきたから、好かれたかった。心が、渇ききっていたんだ。
 そこからまた無職になってしばらくして、実家の隣に住む人が起業すると聞いた。神社の境内に店を構える蕎麦屋だ。働かせてほしいと言った。そしたら、店の蕎麦は俺に任せてくれるという。
 ここで働いてから、俺は初めて「仕事が楽しい」という言葉を口にした。生き生きとしていたと思う。有神論者になったら神社で働けるようになった。神の思し召しに違いないと確信していた。
 自己実現を達成出来たと感じた。神主さんやお客さんに蕎麦を褒められると嬉しかった。また、自分の神秘体験に基づいて様々な話をするのも楽しかったし、逆に参拝客の方から神秘体験を聞く事もあった。
 神社で働いていると、神はこの世にいるのだと感じられる。哲学や宗教の考えをちょっとだけ深め、メメントモリカルペディエムが俺の人生観として形成された。
 「死にたい」と連呼する日々の中で、いつしか「別に自ら死ななくても、人って必ず死ぬんだよな」と思うようになった。それに、明日も命がある保証は無い。今日が命日かもしれない。なら、今日死んでもいいように生きよう。いざとなれば自殺すればいい。そんな思想を築き上げた俺は、ある事を思いついた。

 

童貞がタトゥーまみれになる!


 墨を入れてもらいたい。そう思うようになったキッカケは、モデルのZombie Boyだ。レディーガガのBorn This Wayに出てきた骸骨の人である。

 



 この人の画像を見てから、初めてタトゥーをカッコいいと思い、連日連夜、世界中のタトゥー画像を探し漁るようになった。俺も何か入れたい、その参考になるものはないかってね。
 和彫りは格好良いけど厳つ過ぎて俺には合わないから、タトゥーあたりのお洒落な意匠がいい。
 キッカケは、サクヤンという文化を知った事。タイのお坊さんは宗教的な理由で刺青を彫る。墨を入れれば一生消えないのだから、転じて、生涯信仰を続ける決意を表す。
 タイまで行って彫ってもらう必要はない。神様のタトゥーなら日本人にも彫れるから。大事なのは信心深さだと思う。
 そうして、左腕にガネーシャのタトゥーを入れた。年を取って色褪せてもいいようにB&Gにした。でも、眼だけオレンジ。ヒンドゥー教や仏教において、神聖な色だ。これで俺は、神様と一生一緒にいられる。あと、眼球だけ色付きは単純にお洒落。
 もう一つ、彫りたい絵柄があった。髑髏だ。骸骨は芸術において、死を連想させる意匠。つまり、メメントモリカルペディエムを表す。ドクロの入った服は毎日身に纏っていたくらい、大好きなんだ。あと、率直に格好良い。何故か俺は、幼い頃から骸骨の魅力に取り憑かれている。

 

f:id:juliajewelkali:20220225191605j:image

 

 ドクロに兜を被せたのは、お爺ちゃんが俺に兜をくれた事があったから。あと、和洋折衷で人と被りにくい絵柄になるからね。
 それと、肩の辺りに牡丹のタトゥーがある。これはドクロを彫ってもらう時に、「隙間を埋めてほしいから、オススメの花はありますか?」と尋ねたところ、「牡丹とかどうすか」と言われたので、二つ返事でそれにした。
 タトゥーは全部、19歳の時に入れた。「ノリで墨入れた」ってイキりたいから牡丹にしたけど、花言葉は『王者の風格』らしくて、ビッグボーイを名乗っている俺には相応しいと思えた。
 それから墨まみれの蕎麦職人として、年末年始は徹夜で蕎麦打ちをして、汗水垂らしながら頑張った。でも結局、師匠と馬が合わなくて辞めた。俺は陰キャだけど師匠は陽キャで、俺と完全に正反対の生き方をしている人だった。良い意味でも悪い意味でも、学ぶ事の多い時期だったし、この期間は無駄にはならない。むしろ、将来に影響を及ぼしたと想起している。

 

駆け落ちし、22で初行為。


 21かもしれないけどそんなのどうでもいいや。
 師匠は最後に、こう言った。
 「宿題を出す。ここを辞めてからお前は彼女を作れ」
 それを言われた瞬間、時が止まったかのように感じた。そして、過去の神秘体験が脳裏に浮かぶ。
 『愛の為に生きよ』
 この言葉を実行する時が来たのかもしれない。そう受け取った。でも、上記の通り根暗の権化みたいな人生を歩んできたので、恋愛なんて俺には程遠い世界だと感じていた。
 「俺には無理だよ」
 「いや、そんな事ないと思う」
 物凄く軽い、適当な物言い。でも何故か、それを言われて自信が付いた。師匠は俺よりよっぽど豊富な人生経験を積んでいるので、そんな人から出来ると言われれば、出来る気がしてきた。
 それから俺は、ネットと本を駆使して恋愛や対人関係の勉強を始めた。それをまとめた記事を下に貼っておくので、恋人を作りたい人は参考にしてほしい。俺はこれで彼女を、後に妻となる人を手に入れた。

 

 

 こんな偉そうに書いているのが、20前後で恋愛経験全く無しの童貞って笑える。でも俺はこれを、次の会社で全部実行した。そして、婚約者を手に入れた。
 ビュッフェとラーメン屋をやってる会社だった。中小企業だったら受かるだろうと思って行ったら、本当に採用された。しかも、県外に配属という厚遇。家を出たかった俺にはもってこいの話。
 所属になる店舗へ行った時、店の前で出迎えてくれたパートさんの中に、彼女は居た。一目惚れだった。その日の晩、彼女とベッドで重なる夢を見た。
 当時はまだ、既婚者だった。でも、彼女と愛し合いたかった。だから俺は、上の記事通りに行動した。そしたら彼女は、家庭を捨てて俺の所へ来ると言った。子供は置いていかない方が良いと言ったけど、連れて来いと言ったけど、彼女は拒否した。結局同棲してから何度も彼女は泣き、後悔していたけど、こんな未来は想像ついていた。コロナ禍で面会しにくくなったみたいで、結局会えていないらしい。
 最初のうちは隠れて連絡を取っている様子だったけど、もうやり取りしなくなった。この点についてはあまり触れない。してもしなくても、俺が口を出すのは止しておこう。
 彼女は、離婚する前に俺と約束した。2年間一緒に居れたら結婚しようって。その数字に意味があるのか訊いたら、占いだと答えた。意味がわからなかった。大殺界であろうと裏運気であろうと、結局は自分次第。でもまあ、目標に向かって突き進むのは好きなので承諾した。そうしてここから、結婚を前提としたお付き合いが始まったのである。
 2年前の4月3日。初デートで風来坊の手羽先を食い、帰りに人生初ラブホで童貞を卒業した。自分からホテルに行こうと言えた俺は勇気がある。車の中で倖田來未のエロカッコいいMVを流すから、誘われていると勘違いした。イケると思った。まあ、そうでなくてもセックスはしようと決めていたんだけど。
 この時を振り返り、妻は「体目当てだったんだ」と言ったが、お互い様だ。

 

 

会社倒産と中絶、あまつさえ破局


 初恋が16歳上の既婚者。初夜で2回もヤったし、俺の人生は、割と奇想天外な展開が続いている。
 その年の9月か10月に妊娠した。産婦人科医によれば、ゴムを付けていても着床する事はあるのだと言う。
 不安だった。社長から「10月下旬に東京へ出張だ!」と言われている時なので。でも、一番に恐怖と焦燥を感じていたのは彼女だと思う。まだ気持ちの整理がついていない頃に、現実を受け入れられていない時に、子供が出来てしまったのだから。
 彼女は、「こんな父親嫌だ」と連呼する。よく前の旦那と連絡していた。それを見ているこっちも辛かった。
 中絶の話を持ち出したのは彼女だけど、それに同意したのは俺だ。子供を喜べないのなら、これから先、愛し育てる事は出来ないだろう。
 そして11月、会社は倒産した。給料未払いのまま。中絶の同意書にもサインした。カードの返済額、30万。
 東京から本社まで社長と本部に呼ばれた。2回も行き来する事になった。どちらも事情を説明しはするけど、謝罪をしなかったのが腹立たしい。電話と郵送で済む事をわざわざ新幹線と電車を乗り継がせて向かわせる意味もわからない。それに、俺以外にも家庭を持ってる社員やパートは沢山いた。そいつらを路頭に迷わせているのに、「仕方ない」と笑っていられるのが意味不明。社員を大切にしない薄情な奴等。今までが上辺で物言ってるだけだったと、これで明らかになった。
 社長が経営する、もう一つの会社へ移れと言われた。「これは社員の中の何人かにしか言っていたんだぞ」と、未だに偉そうな態度で居られる社長と本部に苛立つが、借金があるので呑気に転職活動はしていられない。大人しく働く事にした。
 社長が現場に立つ店だった。端的に言うとパワハラが酷くて意欲を削がれた。そっちの勘違いで人の頭を叩いておいて謝罪をしないからムカついて、いよいよ俺はブチ切れ。転職活動を始めた。
 上司も辞めるつもりだと言った。でも先を急ぐなと言う。ラーメン屋に異動させてくれた。そこは、俺がバイトしていたラーメン屋。店舗は違うけどマニュアルは同じだし、働きやすかった。でも、彼女との仲は悪くなっていた。
 妊娠してからというもの、ぶりっ子だった頃の彼女はいなくなって、冷たくなった。頻繁に叩くようになったし、「別れたい」と毎日のように言うようになったので、俺もやり返して「出て行け」と怒った。
 仕事から帰ると、本当に居なくなっていた。でも、涙は出なかった。2月の事だった。部屋には、3月に誕生日を控える俺へのプレゼントと、ラブレターが残されていた。
 メールや電話も無視されたのでもう帰って来ないと判断し、次の日の朝、店長に辞めると告げた。彼女を養う為に社員を続けていたけど、居なくなったらもう無理して残る必要もない。一旦実家に帰って、転職する事にした。
 それから数日、SNSで何人かの女とやり取りしながら気を紛らわせていた。でも、どいつもこいつもつまらない。彼女の代わりが務まる女なんていなかった。

 

ホームレス同士の復縁と、二度目の妊娠、そして結婚。


 何日かすると、Twitterに彼女からDMが着た。詳しい事はわからないけど、前の旦那の元へは戻れそうにないらしい。もう既に向こうの実家で幸せな日々を送っているのだから、それを壊さない方が良いと判断したんだろう。俺は、何も聞かない事にした。
 家庭を壊したのは俺だ。諸悪の根源は俺にあった。幸せな家族を壊して、今の彼女を不幸にしたのは自分。俺には、彼女を幸せにする責任があった。
 俺の誕生日に、また会った。ラブホテルで。3時間くらいだけだけど、幸せな時間だった。俺にはやっぱりこいつしかいないって、そう思えた。
 愛知県に住む事にした。実家を抜け出し、ネカフェに何日か籠っていた。彼女はボロい車を中古車に乗り換え、俺を迎えに来た。
 当時のブログを読んでもらえばわかるが、結構人生を楽しんでいる。

 

 

 ラブホを転々としていながら映画を観たりウインドウショッピングを楽しむなど、ニートを満喫した。でも、このままじゃまた貯金が底を尽きるので、どうせならこのままラブホテルで働こうと思った。そしたらなんと、アパートを借りるまでの間は住まわせてくれると言うのだ。宿泊代がタダになった。

 

 

 お金が浮いたのでアパートの初期費用を払えた。無職でも賃貸に住めるなんて思わなかった。
 あと、この時に母親と絶縁した。家を出てからも金をせびる連絡しかしてこないので、鬱陶しかったし関わる必要もなくなった。こいつと縁を切らないと、俺は幸せになれない。
 仕事はというと、基本1人で作業してるし楽ではあった。借金を完済して、むしろ貯金が出来るようになった。でも、ラブホで働くのはやりがいが無い。
 俺は、今日死んでも良いように生きたい。勤務中に死亡する可能性だってあるのだ。
 例えば、蕎麦屋は良かった。長寿に御利益のある蕎麦を売っていたし、お客さんに感謝される事もあった。俺が作った料理が、最後の食事になった方もいる。

 

 

 こういう、何か特別な役割のある仕事って、良い。でも、ラブホテルはどうだ。清掃員なんて誰でも出来る。ロボットでもいい。簡単だけど頑張る意欲が湧かないので、こういう仕事は駄目だとわかった。
 それから俺は、給料よりもやりがい重視で仕事を探した。ファストフード店のアルバイトにした。本を読むくらい好きな会社だった。けど、「宅配をやらなきゃシフトに沢山入れられない」と言う。渋々承諾したけど、実際はシフトを削られたままだった。聞いていた話と違う。
 俺は運転が嫌いだから原付免許しか持っていない。原付は持ってすらいない。なぜかというと、人を殺してしまう危険性があるから。金の為だから安全運転を心掛けつつ仕事していたけど、恐怖は拭えない。でも頑張ったのは稼ぐ為。しかし、シフトは増えない。やりたくない仕事をしながら死ぬ人生は御免だ。辞めようと思った。
 そんな時、彼女がまた妊娠した。今回は少ないけど貯金はあるし、頑張って育児に取り組む心算でいた。結婚予定日を4月3日から2022年2月22日にした。ゾロ目だから。
 店長に報告した。「堕した方が良いんじゃない?」と言われて言葉を返せなかった。こんな事を言う上司の所で働きたくない。退職すると言った。
 その後は、掛け持ちしていたネカフェのシフトに沢山入れてもらえた。清掃員をやっていたから仕事は初日から熟せたのもあるも思う。でも、背水の陣で退去を決めていたから、数日しか働けなかった。

 

 

 こうして、妊婦とニートのホームレスカップルが完成。いや、今やホームレス夫婦か。
 またラブホを転々としてる。外食と映画、セックスなどで1日を消費する、自堕落な日々。この生活が一番楽しい。でもずっとそんな事していられないので今は転職活動をしているが、なかなか上手くいかない。でもまあ、何とかなるでしょう。
 こうして人生をまとめて文章にしてみると、我ながら波瀾万丈な生涯だと思う。
 俺は普通じゃいられないから、開き直って変人でいるようにしてる。周りに合わせるのが苦手。だからこそ、自分の好きな事を追求して生きてる。
 これから俺は、どんな道を歩んでいくのだろうか?
 それは誰にもわからない。だからこそ、面白い。

 

流産と日雇い労働、そして介護の社員へ

 

 3月30日。時間に余裕があるのと人生に進展を齎したので、ここに記録する。

 妊娠からしばらくして、流産を経験した。泣いている妻を抱きしめる事しか出来なかった。出産するには高齢なので、こうなる事は2人とも危惧していた。だが、現実になるとツラいものだ。

 この生活は貯金が減っていくばかりなので、日雇い労働を始めた。工場や肉体労働しか無いものだと思っていたら、接客や飲食業があって助かった。俺の経験が活かせる。

 そうやって金を稼いで眠る毎日。色んな会社に落ちたり辞退したりを繰り返していた時、1つの会社に拾われた。介護施設の料理人だった。

 コロナ禍で倒産という痛手を負ったので、もう飲食業は卒業したかった。また倒産、あるいはリストラなんてのも嫌だ。

 日本は高齢化社会。介護の人手不足はよく聞く話だ。ツラいとも聞くが、料理人なら経験が活かせるし、その上で能力の幅が広げられて、自身の成長に繋がると考えた。ご高齢の方に料理を作るやりがいは、蕎麦屋で経験していた。人生最後の食事を作れた事に、特別感と重大さを感じている。

 ちょうど前職が所謂シフトマネージャーだったので、そういう仕事に就けるらしい。いきなり本社所属。期待されると重圧に押し潰されそうになるが、そこは俺の努力次第だな。まあ良い。正社員になれたのだから。

 介護関係は人の死に関わる尊い仕事だ。そして、学びがある。何故なら、お年寄りを見ていると、人生について考えさせられる事が多いから。

 この人は他人に嫌われながら死んでいくのだろうか。こういう人は死ぬ時に周りが泣いているんだろうな。そんな事を思う。人生について参考になる方が多い。

 さて、俺にとっての人生とは何なんだろうか?

 神秘体験によって神を信じるようになったが、小学生の頃は無神論者だったし、中学生になると不可知論が正しいと思っていた。だが、高校生で有神論者になった。

 実家が浄土教で職場が神社だった事もあって、神主や坊主と対話する機会がある。その中で、俺は神道とも仏教とも合わないと感じた。

 確かに俺は神が在ると考えているが、輪廻転生や因果応報も無いと思う。前世や来世を確認したわけでもないのに、どうして存在を証明できようか。それに、生まれた時から虐待や戦場下におかれている子供達に何の罪がある?

 理不尽に死んでいく人達は沢山いる。そんな方も「過去の報いだ」なんて、どうしても納得出来ない。

 神も仏もないと言いたくなる世の中だが、俺は神を見てしまった。だから在るのは間違いない。ここは、人知が理解出来る範疇を超えているのだろう。

 俺からしたら世界は白紙だ。そこに自ら筆を執って書き込んでいく。

 きっと、この世は神の悪戯。人生に意味は無い。だからこそ自由だ。

 俺は他人に神を信じるよう、強要しない。無神論や不可知論でも、考え方は好きにすればいい。幸せならそれでいい。他人に危害を加えない限り、人は自由だから、俺は無駄な干渉をしない。

 これをわかっていながらも、多くの人は行動に移していない。お節介の言いなりになって、操り人形同然になっていないか?

 人間は本来、他人に縛られず生きられるし、幸福を追求しやすい。そうあるべきだ。

 生を出発点に、死を目的地とする道。人生なんて死ぬまでの暇潰し。自分なりに歩みを進められる。今日死んでもいいように生きよう。

 人は至福を追い求める生き物。どうやら、活動しなければ幸福を感じないようだ。動かないと退屈を生み出し、苦痛に苛まれるだろう。そして、ただ仕事をしていれば幸せかというと、そうでもない。

 自分の能力を発揮した時、人は幸福を感じる。幸せへの欲求は、富や名声など、外的な要因では満たされない。それは海水の様なものだ。飲めば飲むほど渇きだす。

 内なる幸福。自分は何者で、どういった人生を歩みたいのか。それを長考して生産性ある活動をしなければ、幸せになれない。

 それは、俺にとって文章だった。有神論的ニヒリズムとでも言おうか。真っ白な世に、俺の魂を込めた言葉を書き殴る。

 この小説の主人公は己。決して、他人が主役ではない。あくまで脇役だ。そして著者もまた、自分自身なのだ。物語の結末は自分で決める。

 茨の道を突き進む。死ぬ時まで、枝分かれした道を歩む。それでも最後まで己で選択しよう。

 インド哲学によれば、この世界は夢幻という。確かに、真我こそ実在だ。とは言いつつも、この世はなぜこんなにも残酷なのだろうか?

 認識しなければ無い。そうわかっていても、目の前に見えてしまっている。視界に広がっている森羅万象は神の化身だ。神秘に満ち溢れている。それをあえて、俺は白紙だと言ってしまおう。

 地獄の如き世界に『努力すれば報われる』なんて無い。ブラック企業が蔓延っている。違法な言動に苦しめられ、過労死や自殺を選ぶ人がいる。終身雇用も神話になった。殺人や強盗のみならず、戦争だって無くならない。

 正直者が馬鹿を見る社会。絶望する者がいるのも無理はない。それでも、歩みを止めない。どうせ死ぬのだから、自ら死を選ぶ必要はない。死ぬまでの間は理不尽に立ち向かい、酔狂に生きよう。

 やりたい事を後回しにするな。

 『人生100年時代』と言われるようになって久しい。だが、そんな根拠がどこにあるというのだろうか?

 人はいつ死ぬかわからない。明日があると思うな。今日、たった今死んでいたかもしれない命だ。

 変えられない過去なんて悔やむな。わからない未来なんか恐れるな。現在を生きろ。今を充実させる事が、幸福な人生を築き上げる。それが、暗黒に光明を差し込ませる。邪悪がとぐろを巻いていたとしても、一隅を照らそうではないか。

 実践すれば、社会はちょっとでも明るくなる。他人を操作する事は不可能でも、己自身であれば操れる。自己でどうにか出来るものを重要視し、そうでないものは軽視しよう。自分の足元だけでも明るくする人がいれば、それは周りに影響を及ぼし、少しでも世界は明るくなる。環境が個人へ影響するように、個人もまた環境へ影響を及ぼす。

 自分に関係ない他人の問題に口を突っ込むなど、他者の課題に干渉してはならないのだ。気にするべきは自己の課題。己が出来る範囲で行動し、善く生きよう。

 自分の意思で活動するんだ。人生の時間は有限。脇役の為に浪費するものではない。主役の為に消費しろ。

 本当は存在しない世界。白紙だ。自分の好きなように描けるぞ。

 さあ、貴方ならこの紙に、何を書く?

遺書は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。