空我の遺書

過去を悔やまず、未来を恐れず、現在を生きる。

俺は何がしたいのか?【結婚するまであと10日】

f:id:juliajewelkali:20220212220257p:image

 

 

 ここに書かれている質問の答えを、ノートにまとめる。「社会に怒ってる事は何か?」とか、自分の情熱や才能を引き出す為の問いだ。

 「情熱も才能もねえよ!」と言いたいところではあるが、落ち着いて定義を聞いてほしい。

 情熱とは興味があるから好きな事。稼ぐ為に仕事に取り組んでいるなら、この場合の情熱に当てはまらない。お金が貰えなくても向き合える物事か、自分に問うてみよう。

 例えば、俺で言えばこのブログが当てはまる。一応広告収入は得てるけど、たまに泡銭が入る程度。真面目にアフィリエイトしてない。俺はひたすら文章が書きたい。

 次に、才能とは何か。それは、他人より簡単に行える事。運転が苦にならず配達出来るなら、その人ってそれが才能。俺なんか運転なんて1メートルでも嫌。

 因みに、俺が思う自分の才能は、ブログ。一時期、一人暮らしだった頃の休日は、寝起きから眠る直前まで、ひたすら記事を執筆していた。

 特にこの才能を感じたのは、小学生の頃まで遡る。小説を書く授業の時、みんな内容で悩んでいるにも関わらず、俺は既に原稿用紙一枚描き終わっていた。

 先生のつもりでは、3時間くらいの授業で終わる予定だったのに、俺は書き終わらず、他の授業中にも皆に怒られながら書き続け、家に持ち帰り、数ヶ月かけて書き上げた覚えがある。それでも筆は置かず、続編まで書き出した。

 文武両道の真逆を地で行く人間だったので、これで担任や同級生に褒められたのが嬉しかった。この成功体験が文章を書く楽しさを生み出したのだと想起する。

 他で言えば、POP制作が当てはまる。前の会社で販促を担当していた時があった。その時、ポスターを任されていたのが楽しかった。一枚一枚、作るとパートアルバイトに褒められるのが嬉しかった。上司や社長にも評価されていた。自分が有能であると感じられた。

 

 俺は、物作りが好きなんだ。図画工作とか好きで、園児の時から画用紙やチラシの裏、プリントの白い部分には落書きをしまくっていた。小学生に上がってもそんな奴だった。でも、後悔はしてない。スクラッチアートのコンクールで金賞を獲った事もある。

 その衝動が今も残ってる。俺は何かを作ってると有能感や達成感を覚え、充実していられる。

 

 今日、彼女に「SNSばっかりやって何が楽しいのか」という趣旨を言われた。自分でもわからなかった。だから上記の方法で探った。そしたら、答えが見つかったんだ。

 俺は、文章を書く事そのものが目的だった。執筆していると楽しくてたまらなくて、何かを書きたい衝動に駆られる。もはや、他人との繋がりなんてどうでもいいんだ。何か言いたい。書き込みたい。記事のネタを探している。

 

 情熱と才能を掛け合わせたら出来る事が、本当にやりたい事。

 俺は、手打ち蕎麦と、ブログかな。

 来週、蕎麦職人の面接があるから行ってくるよ。

 蕎麦界隈に居るブロガーの頂点を獲るぜ!

 イケてる蕎麦職人になってみせるよ。

 

 

 こうやって思い返すと、根っからのブロガーなんだ。どこの誰かどう言おうと、俺はブロガー。

 そんじょそこらの奴らが言う、しょうもない自慢話や武勇伝くらいじゃ驚かない。

 本物のブロガーって誰?

 何もしないから俺の目の前に立て。

遺書は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。