ビッグボーイの遺書

過去を悔やまず、未来を恐れず、現在を生きる。

結婚するまであと100日

今日幸せだったこと3つ
・ローストビーフなどの食べ放題へ行った
・ゲーセンでチミーとマイキーを得た
・お菓子パーティー楽しい


今週のお題「買ってよかった2021」


「俺はクリスチャンじゃないし」

この季節になると口にしてしまう言葉だ。

俺は真言宗の檀家だけど、神社で働いていた。なのに毎日ヒンドゥー教聖典、バガヴァッド・ギーターを読んでいた。でも、何らかの宗教を信仰している訳じゃない。

俺は、俺の人生観で生きている。なのに、いつからだろう。サンタクロースが描かれたケーキを買ってしまっている自分。

俺の人生は、俺だけのものではなくなった。彼女と「私達」になる。

彼女は、なくてはならない存在になった。

f:id:juliajewelkali:20211224215038j:plain

今日キリスト教の行事に参加している人は、大晦日は寺で除夜の鐘を聞くのだろうし、元旦には神社で初詣をするであろう。

そういう人を嫌ってきたけど、クリスマスになるとイルミネーションを見に行きたくなる自分がいる。ショートケーキも買ってしまっている。

世界が鮮やかに彩られて美しくて、愛で満たされて、とにかく幸せなんだ。

そんなデートは昨日済ませた。今日は、高くて行けてなかった、ビュッフェへ向かった。

f:id:juliajewelkali:20211224215532j:plain

チーズフォンデュにローストビーフ、ピザや台湾料理。とにかく美味かった。

近くの席に居た人、飯食いながら瀬戸内寂聴の本を読んでいるのが面白かった。下の本。


あと、隣の席に居た熟年夫婦は、ずっと喋らずに飯を食べてるだけで、先に奥さんの方が食べ終わってたけど、ずっとスマホを触ってるのが見ていて嫌だった。こうはなりたくない。そう改めて思った。

f:id:juliajewelkali:20211224220046j:plain

食後、宝くじを買いに行った。人生初の購入。何事も経験だし、買ってみたかった。

10億円当たったら、仕事を辞める。

f:id:juliajewelkali:20211224220243j:plain

その後にゲーセンに行った。彼女が好きなチミーと、俺が好きなマイキー。取ったのは俺じゃなくて彼女。俺はゲーセンが得意ではないので、いつも応援するだけ。でも、その助言で獲れたといっても過言ではない。

f:id:juliajewelkali:20211224220457j:plain

そして、晩はお菓子パーティー

女子会みたいな一日だった。こういう何気ない日々を過ごせている事が幸せなんだと感じる。

まさか、100日後には結婚してるなんてな。

カッコいい言動が出来るわけじゃないし、力が強いわけでもない。男らしくないし、頼りないだろう。

俺には何もないけど、彼女の事は離したくない。

彼女が笑顔になるのなら、俺は悪にでもなる。

愛してる。ずっと一緒だよ。

遺書は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。