ビッグボーイの遺書

過去を悔やまず、未来を恐れず、現在を生きる。

数年ぶりに黒髪にした結果www

今日幸せだったこと3つ
・黒髪にした
スミノフアイスとやらを初めて飲んでその美味さに感動
・それと鬼レモンとR-1もらった今週のお題「秋の歌」
髪の毛が黒光りしている自分。「まるで自分じゃないみたい」という陳腐な表現が当てはまる。黒髪になると幼く見え、ただの大人しい青年に見える。昨日までの、二回もブリーチした金髪とは違う。
可愛くなった。普通の、そこら辺にいる男と大差ない。街に溶け込む、平凡さ。
シャワーを浴びると、墨まみれの上半身とギャップを感じる。黒髪で長袖を着ていると、まさかタトゥーが入っているようには見えない。
イメチェンした俺は、来年の春に北海道へ行き、そこで人生をやり直す。
正直、今までつらかった。俺の事を知らない奴が、「お前は甘やかされて育ってきたんだ」などと言う。ゴミ屋敷に幼い頃から放置され、バイトは中1から始めてるし、高校の学費は自分の給料から出してた。その金を盗まれたから、中退した。こういう人生を歩んでいる俺からしたら、お前らの方が甘やかされてる。
もうそろそろ、ワガママに生きてもいいんじゃないかな。
俺が好き勝手生きる事に、文句なんていらない。他人の意見など求めてない。愚行権を行使して、幸福を追求していく。
妬み嫉みとか、くだらない戯れ言。言い返すのも億劫だから、無視していく。幸せじゃない奴は、他人を否定しようとする。そんな奴に、俺の幸福は邪魔出来ない。
ただ、そう思っただけ。

遺書は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。