最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

人生で2回目の職務質問

まただ。1回目と同様、コンビニの駐車場で。

 


 実は、家にWi-Fiを置いてない。また、スマホも契約してないので、ネットに繋ぎたければフリーWi-Fiのある施設へ行く事になる。ちょうど近所にコンビニがあるので、今日はそこで動画の編集と投稿をしようと思った。

 

 ちょうど、この動画を投稿し、アップロードの待機をしていた時だ。

 


 店前の、灰皿が置いてある辺りでスマホを弄っていた。30分くらいはいたと思う。用事が終わって帰ろうとした時、どこからかクラクションが轟く。でも気にせず歩いてたけど「おい!」って声が聞こえたので振り返ると、パトカーが停まっていた。俺がさっきまでスマホ触ってた場所の真前だ。画面に釘付けになってたけど、いつからか警察に監視されてたんだ。俺は咄嗟に走って逃げた。


 コンビニの裏まで来たから大丈夫だと思ったけど、案の定追いかけて来た。男2人と女1人。男2人に腕を掴まれる。んで、パトカーまで連行された。今思えば、職務質問は任意だから、拒否出来たよな?


 でもなんかオドオドしちゃって、そのまま中へ。


 「逮捕されるんですか?」


 そう尋ねた。実は俺がWi-Fiを繋げに来たコンビニは、元々バイトしてて、そこのオーナーと揉めて「名誉毀損だ!」とか言われた過去がある。だからなんか捕まるのかと思った。そこは否定された。だとしたら何で俺はこんな状況になってるのかと訊いた。


 理由は、平日の昼間から出歩いている若い男性である事と、金髪にタトゥーまみれ、パトカーを見て逃げる、ここら辺では麻薬の使用などが行われているから怪しい。そう説明された。ちょうど俺が働いているラブホテルで注射器が見つかったのが、怪しさを増したみたい。


 もう1人の警察は開口一番、「お前、ヤクザか?ポン中か?」と笑いながら訊いてきた。俺が墨まみれの癖にあまりにも挙動不審だからだろう。それに対する俺の否定も声が震えているからか、「お前、逮捕歴あるか?」と言われた。それも否定したけど、それすらも信用ならないのか、無線を使ってデータベースを調べてる様子だった。もちろん無線から聞こえる声は「なしです」


 すると次は、「お前、精神病か?」


 自律神経失調症うつ病発達障害や知的障害の疑いなどは言った。

 

 

 因みにここから30分ほどパトカーで警察と言い合うんだけど、理由は俺の所持品だった。


 トイレットペーパーを持っていた。2つ。


 このブログを読んでくれているならわかると思うんだけど、俺は数ヶ月前までホームレスだった。当時働いていたラブホテルで、数週間ほど住み込みで働いていた事があった。「消耗品は持っていっていい」と支配人に言われたので、その時に頂いた物だった。カバンの中にあればそりゃ不自然。でも、ただ出すのを忘れて置いていただけ。そんな説明で納得されない事は、言わなくてもわかる。だから無駄に時間を食ったのだ。


 「ホテルで…」


「あのね、こんなもの従業員にあげるホテルなんて、絶対にないのよ!」


 それが、あったんです…。ホームレスで無一文な事をわかってくれていた支配人が、お茶とかコーヒーとか、飯とか、ティッシュとか、コンドームとか、くれたんです。給料の支払いは1ヶ月後になるから、と。それまでの間、食いつなげるようにしてくれた優しさ。


 「覚えてないんでわからないですー」とか言ってはぐらかし、帰してもらえるかと思ったけど、そうもいかなかった。どっからパクってきたのかと問い詰めてきた。


 「これは業務用だから買ったものじゃねえよな?ホテルか?コンビニか?確認とるぞ?」


 「確認してもらって大丈夫です。俺は盗んでません」


 「じゃあなんでトイレットペーパーがカバンに入ってるんだよ?」


 無言になってしまった俺。同じようなやりとりを何回も続け、不毛な時間が過ぎていく。途中、何度か話が逸れ、何故か俺が神社で働いていた蕎麦職人であるとか、バイキングの社員だった時に彼女と知り合ったとか、親と縁切って家を出てきたとか、そんな話をしてしまった。あと、彼女はいくつかと訊かれ、「答えたくない」と言ったら「未成年か?」と怪しまれたので、正直に「39」と言ったら、車内が静かになった。


 ホームレスになった件が言えたので、その流れで、ちゃんとした理由を話した。そしたら納得してくれた。多分。


 「何故それをすぐ言わなかったのか?」


 そこは案の定訊かれた。いい辞め方はしていないからだと話した。ホントは、俺が話す前に「絶対ない」とか言うから喋りにくくなったんだ。人の話聞け警察!


 「ああ、あそこにはキツいおばちゃんいるもんな」


 ラブホテル界隈に詳しいのか、お局の存在まで知ってた。警察すげえ。てかなんで知られてんだ、あのオバハン。

 

 あとね、1回目も2回目も、俺は警察にクスリをやっていると疑われた。ホント頭がおかしい奴に見えるんだな、俺。

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。