最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

映画『キャラクター』観てきたのでネタバレ有り考察

 

オリジナリティへのアンチテーゼと、リアリティの追求

 

 

 Fukaseカッコ良すぎて草

 

 

 どうも皆さんこんにちは。

 

 バイトのギャルにこの映画観たって報告したら、「Fukaseに似てますよね」って言われてちょっと嬉しかった、お世辞を理解してない系ブロガー、ビッグボーイです❕(彼女に怒られる〜😱)

 

 さて、この映画で俳優業に初めて手を出したFukaseですが、その演技がとても素晴らしくて感動しました。適役とは正にこの事です。

 

 

 この映画を見てもらえればわかるんですが、ボソボソとした発声を全ての役者さんがしていて、全体的にセリフの声が小さく、聞き取りにくい所すらあります。

 

 冒頭、菅田将暉演じる山城が、描いた漫画を持ち込む際、出版社に「リアリティが無い」と一蹴される場面があります。これは話の中で重要になってくる点ですが、これを始めに持ってくる辺り、「この映画はリアリティを重視します」と観客に宣言しているようなものです。なので、視聴者に解説する為のセリフも用意されていません。流れの説明は必要最低限。一瞬映る新聞の切り抜きや、何気ないセリフから汲み取って、「そういう事だったのか!?」と考えながら鑑賞します。

 

 こういう考察の余地を残した作品は大好きなので、自分のなりの考えを記事にしようと思いました。

 

 その前に、この映画の、作品としての素晴らしさ。

 

 物語が面白いのは勿論の事、映像が綺麗。照明の使い方、色使い。俺は素人だから詳しく語れないけど、そんな奴が見ても伝わる美しさ。

 

 セブンと羊たちの沈黙踊る大捜査線冷たい熱帯魚、花束みたいな恋をした、など、要所要所に著名な映画からの影響らしきものを感じた。また、Fukase演じる両角。ピンク髪の殺人鬼。部屋に異様な絵が描かれていたりするんだけど、そういうキャラクターの描き方は蜷川実花っぽいなって感じた。

 

 

 この映画は『実際に起きた殺人を元に漫画を描いたら、さらにそれを模倣殺人する事件が起きた』って話。パクリのパクリ。

 

 つまり、『オリジナリティとは何ぞや?』ってのを観客に考えさせる作品。

 

 人は誰しも、今まで歩んできた人生の中で、様々なものに影響を受けて生きている。パクリパクられ、そこからまた新しいものが生まれる。例えば、筆者は幾多数多のパクリで出来てるけど、俺が唯一無二である事は火を見るより明らか。

 

 この映画の宣伝で『オリジナルストーリー』という文言が使われてるけど、所々は、意識してるしてないは別にして、何かしら、作品の影響は受けてる。

 

 本当の意味で、オリジナリティというのは、何なんだろうか?

 

"キャラクター"はどこにあるのか? 感染する殺人衝動

 

 終盤、山城が両角を刺す場面。実は、あそこで初めて山城が笑ったんですよ。菅田将暉の笑顔が見れるのは、ここだけ。

 

 笑いながら刺す。彼女を守る為ではなく、人を殺すのが楽しいからやっている。その様は、冒頭で描かれた『優しい山城』ではなくなっている。

 

 

 この映画、題名の『キャラクター』が主題となりセリフで多用される。

 

 キャラクターが描けない、善人な山城。キャラクターが無い、悪人な両角。

 

 相反する2人だけど、山城が『幸せな家庭』のスケッチをする際に選んだ家は、両角が選んだ家と同じだった。この時点で、2人の感性が同一である事を表している。

 

 両角が山城に対して、「先生は殺人を楽しんでいる。僕と何が違うの?」的な趣旨を言う。

 

 第1話は、目撃してしまった事件を元にしてるけど、2話からは全部創作な訳で、さらにそれがリアリティを持つから出版社にも受け入れられた。

 

 冒頭の場面、山城は「あいつは優しいから悪人が描けない」的な陰口を言われる場面がある。しかし、両角と出会った事で、内に秘めた猟奇が発現した。山城は変わったんじゃない。隠してた。その事は、主題歌の歌詞からも考察出来る。

 

 

 山城は両角ありきの存在になり、両角もまた、山城がいないと生きていけない。『キャラクター』が崩壊する。共依存というか、共同制作として、1つのキャラクターを形成していた。その人格は両角であり、山城でもあったし、辺見でもある。

 

 両角が殺人を起こしたキッカケは辺見であると、終盤で明かされる。その辺見も後に両角のファンになって、ここでもパクリパクられの共依存が生まれてるのが面白い。

 

 また、『辺見は両角修一だったのではないか?』という説もある。

 

 両角の家へ行くと、「足が悪くなってから変わった」と母が清田達に話した場面がある。

 

 清田を辺見が滅多刺しにした時、足を引きずりながら辺見は去って行った。『辺見はお金欲しさに戸籍を両角(Fukase)に売った』と考えられる。

 

 その辺見は、なぜ殺人を犯したのか。

 

 「覚えていない」

 

 そう、この映画は『オリジナル』というものが登場しない。

 

 そりゃそうだ。皆、何かしらの影響を受けて生きてるけど、いちいち何がこれとか覚えていない。オリジナルなんて無い。それが、この映画の答え。

 

 

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。