最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

どこにいっても嫌われる、コミュ障の典型

f:id:juliajewelkali:20210608120238p:image

 

 幼い頃から、自分の居場所がなかった。学校に馴染めず、家に帰っても暗闇で、陰湿な日常を過ごしていた。

 

 インターネットは好きだった。確かによく罵詈雑言をぶつけられて泣いたけど、でもここが、俺にとって唯一、楽しく会話できる所でもあった。

 

 ブログをよく書いた。日頃思ってる事を書き連ねた。他人から反応を貰えるのが嬉しかった。今もこうして執筆しているので、10年以上続いてる。

 

 何回か炎上したり荒らされたりしたので、サイトは何度か変えてる。別人として。なので、俺のブログにファンはいない。でも、書きたいから書いてる。

 

 唯一、俺の読者と言えるのは、彼女だけだ。

 

 

 最近、ラブホテルを辞めようと考えている。

 

 

 

 

 俺はよく、SNSで「今日死んでもいいように生きよう」などと主張する。

 

 もし俺が、ラブホの仕事しながら死ぬとしたら、そんな人生嫌だ。

 

 確かに仕事は向いてる。先輩が大変だという仕事でも、楽に熟せるから向いてるんだろう。でも、人間関係が嫌だ。

 

 俺はどこのコミュニティに行っても嫌われる。無愛想だし、好かれる性格じゃない。そういう努力もしてない。人付き合いなんて、したくない。

 

 俺は、彼女にだけ愛されていれば、それで良い。だから、彼女と同じ職場で働きたいんだ。ラブホに就職する前からそう思ってはいたけど、色々あって、こうなってしまった。

 

 

 疲れた。落ち込むと、嫌な事ばかり想起してしまうけど、ブログやYouTubeをやっていて良かったと感じる。なぜなら、楽しかった事を記録してあるからだ。

 

 何やかんや言いながら、俺も彼女も、それなりに人生を楽しんでいる。

 

 昨日も、焼肉食べ放題に行ってきたんだ。

 

 その動画があるので、そちらをご覧ください。

 

 

 

 

 現場からは以上です❕

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。