愚行権の行使

忘れよう、朽ちよう。

【悲報】ファストフード店、向いてなかった。

 元々客として好きで、そこで働いてた人の本やYouTubeとか見て、それに感化されて働きたいと思った。で、今日いざ働いてみたんだけど、どうも合わない雰囲気だなぁと感じた。

 

 まず10代が多い。歳上は2人だけ。同い年は1人。

 

 元々俺は学校に行かず、中学生の頃から働いてきたので、歳上と関わることが多かった。同級生や歳下とコミュニケーションとる事を、今までしてこなかったのだ。その欠点を、ここにきて改善できると期待していた。しかし、それ以前の問題だった。

 

 雇用契約より短い時間で帰される。自分が稼ぎたいだけ稼げないのなら、ここでバイトしてる意味ねえなって感じる。遊ぶ金を稼ぐ学生とは違うのに。

 

 あと、本を読んで感化されたのは、お互いを高め合うような、意識と向上心の高い職場だと思っていたからだ。実際は違った。その場にいない人の陰口を叩いている様子が、期待とは違ったのだ。むしろ真逆ではないか。

 

 ここにいて、自分が成長できるとは、到底思えなかった。

 

 俺はそろそろ飲食業を辞めたいと思ってたし、もういいかな。工場で働く方向って考えてる。

 

 同級生や歳下と喋らないけど、歳上とはよくコミュニケーションをとる。それはそれで、俺の良さの一つだって、自画自賛してる。だって、周りみて、俺みたいに歳上と仲良く会話してる同世代はそんなにいない。俺は俺の、経験を活かした生き方を、これからしていけばいいのだ。別に、悪い事ではない。

 

 俺の人生は、俺が決める。俺なりに、道の歩み方があるのだ。

 

 

 ああ、頭が痛い。ストレス半端ない。

 

 明日は工場に応募する電話するわ。それはまた、後日記事にする。

 

 以上、今日はここまで。

 

 みなさん、悔いのない生き方ができましたか?

 

 今日死んでも後悔のない生き方をしていきたいですね。

 

 それじゃ、現場からは以上です。

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。