最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

失恋して、心にポッカリ穴が空いた状態

 

 17日朝、警察が家に来た。

 

 

 元カノのLINEは未読になってるから、恐らくブロックされたのだろう。直電をかけると、応答はしないが繋がりはするので、着信拒否されてない事はわかる。だから、ショートメールを送ってみた。文面は謝罪。

 

 寝れない夜を過ごす。朝になって返信が着てた。

 

 「今までありがとう」

 

 ああ、別れを決心しているんだと言う事が、この文面でようやく理解出来た。俺の知らないどこかで、今も生きているんだろう。

 

 どうしてるんだろうな。寝れてないだろうな。ご飯はちゃんと食べたかな。元カノの事ばかりが頭を過ぎる。

 

 続けて、「絶対に生きて」と着た。

 

 前に別れ話になる程の喧嘩をした時、俺は「死ぬ」って言った。冗談とか、構ってちゃんじゃなくて、本当に死ぬつもりだった。

 

 俺は22年間、誰にも愛されずに生きてきた。元カノだけは、俺を愛してくれた。とても大切な人だった。なのに俺は、元カノと居る生活が当たり前になっちゃって、酷い事をしてしまった。

 

 

 昨夜、元カノが出て行った事を確認した時、俺は死を決意した。

 

 過去に何度か、俺は自殺未遂をしてた。その事は、元カノだけが知っていた。

 

 俺は、彼女がいなくなったなら、もう生きる意味は無いから、死のうと思った。

 

 これから先、幸せになれる確証は無い。そもそも、俺にとって、生きる事は苦痛でしかない。何の喜びも無い。そこに救いの手を差し伸べてくれたのが、元カノだった。

 

 生きるのがツラかった俺に、生きる幸せを与えてくれた。

 

 それを俺は、自ら、壊す行いをしてしまった。

 

 後悔しかない。悔やんでも、彼女は戻ってきてくれない。

 

 だから俺は、「もう死ぬ」と言い、今までの謝罪と感謝を伝えた。彼女は何度も止めるが、じゃあなぜ俺の前から居なくなったのか。それは俺が悪いからじゃないか。

 

 どうしようもない。俺は幸せになれない運命なんだ。否、反省して、悔い改めれば、帰ってきてくれるだろうか。

 

 

 何度か「死ぬ」、「生きて」のやり取りを続けていると、「死んだら戻れない」と言われた。

 

 俺だって、ホントは死なずに幸せな人生を歩んでみたいよ。愛に溢れた生活を。でも、別れるなら、もう無理じゃないか。

 

 ダメ元で、俺はこう言った。

 

 「戻ってきてよ」

 

 それから返信は無い。

 

 

 警察が来た。自殺をほのめかす人がいると、通報があったって。警察の話によれば、向こうは第三者を立ててでも、きっぱり縁を切りたいらしい。弁護士か?

 

 警察は邪魔くさそうな顔をしてた。そりゃ、刑事事件でも無いのに動かされているからな。赤の他人に迷惑かけちゃったな。

 

 「大丈夫です」と適当な事を言ってあしらい、帰した。

 

 

 俺は、元カノとまだ電話は繋がる状態だから、もうちょっとだけ、生きてみる。応答はしてくれないけど、いつか出てくれるか、もしくはかかってくるんじゃないかって思う。

 

 

 今日も1日中、自殺願望が俺を襲ってきた。彼女が居る間は治っていたのに、久しぶりに現れた。

 

 でも、向こうが、「死んだら戻れない」と言ってくれた事が、救いだ。

 

 「今でも愛してるよ」、「会いたいよ」とメールは着たが、「戻る」と確実な事は言わなかった。

 

 いつか、生きていればまた、彼女に会えるのかな。

 

 

 もし電話も繋がらなくなったら、その時は…。

 

 まあ、その事は考えずにいよう。

 

 今は、連絡が来るのを、待っていたい。

 

 

 ホントは、『元カノ』なんて呼び方はしたくない。『彼女』であってほしいよ。

 

 愛してるよ。

 

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。