最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

プペルを見て5回泣いた話

f:id:juliajewelkali:20210125234629j:image

 

 陳腐な生活から抜け出したかった。彼女を退屈させているのも苦痛だった。

 

 いつもと違う事をしていないと、つまらない日常を変えられない。いつもと同じ事をしていると、いつもと同じ結果がやってくる。

 

 たまには休みに、映画館でも行こうか。彼女を連れ出し、遠くの、オススメの映画館へ。


f:id:juliajewelkali:20210125234634j:image

 

 この映画は、誰かしらが、どれかのキャラクターに感情移入できるだろう。

 

 作中、夢を追い求めるルビッチとプペルを非難する人々に対して、「誰を傷つけたんだ!?」みたいなこと言うセリフがある。何が悪いんだよ、と言わんばかりの発言だ。その強気なセリフに心打たれる。しかし、故意じゃないにしても、夢を追いかける姿は、人を傷つけてしまう場合がある。

 

 アントニオというキャラクターが出てくる。彼は、ホシを見ようとするブルーノやルビッチ、プペルを馬鹿にして、暴力まで振るう。

 

 なぜ彼は、そこまでしてホシを見たがる者を嫌うのか。

 

 彼自身、ホシを見たことがあった。でも、えんとつ町において、ホシなんてものは存在しないとされていた。同調圧力に屈した彼は、馬鹿にされても夢を諦めない、ルビッチやプペルの姿を見ると、苦しいのだ。あの時、ホシの存在を無かった事にした自分が、馬鹿みたいになってしまうから。

 

 大人は、人生のどこかで夢や目標に折り合いをつけて、妥協して生きてしまう。それでも、少年の心を忘れず、夢や希望を持って、上を向いて生きるべきなんだ。

 

 そういった事を感じられる映画であった。

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。