愚行権の行使

忘れよう、朽ちよう。

世の中、そう上手いこといかない。

f:id:juliajewelkali:20210112203429p:image

 

 朝から0時ごろまで働く7連勤を乗り越え、ようやくの休日。耐えに耐えた俺と彼女へのご褒美に、ステーキを食いに行った🥩


f:id:juliajewelkali:20210112203436j:image

 

 そして、転職しようと、望む条件に合った求人に電話かけるも、「コロナの関係で求人が無い」と返される。「じゃあ求人消しとけよ!」と怒鳴りたかったものの、電話を切ってから言う小心者のワシ。

 

 他にの所で探そうとするも、電話したら「タトゥー入ってますか?」といきなり訊かれてビックリ。馬鹿正直に「肩から肘までと、鎖骨下からへそ上まで入ってます」と答えてしまう。

 

 今の職場みたいに隠しとけばいいものの、とっさに嘘つけなかった。

 

 まあ、バレてクビになるよりかマシか。

 

 

 今の仕事は、今年いっぱいまで勤めようと思ったら働けるんだけど、彼女の精神的苦痛もあるもんで、出来れば転職したい。だが、工場もコロナの関係で求人が無いらしい。

 

 そりゃ、時短営業だ休業だ倒産だ、という会社が増えてるんだから、工場にも影響あるか。コロナ禍という奴を改めて知る。

 

 ワガママ言えん世の中だなぁ。

 

 

 とりあえずは、家さえリフォームしてしまえば住めるし、移住してしまえば、彼女と別々の職場で働いたって問題無いんだけど、その相続だって上手いこといかない。

 

 う〜ん…。

 

 

 理想の生活というのは、手に入れるのが難しい。でも、諦めちゃダメだ。夢を捨てたら、死んだように生きる事になる。

 

 俺は今までも、苦痛に耐えて暮らしてきた。ようやく手に入れた幸せだ。簡単に手放すわけにはいかない。

 

 彼女は前に言った。「我慢の時期なんだよ」

 

 忍耐力が試されている。

 

 今の職場も、確かに色々あるけど、何やかんや言いながらも、続けられる職場ではあった。

 

 ここで、まだ耐えるべきなんだろうか。

 

 

 でも、彼女への苦痛はどうなる?

 

 なぜ、せっかく同棲しているのに、一日中待たせるような仕事をしなきゃならない?

 

 

 地元に拘らず、他の都道府県でもいいから、働ける所を探してみようか。

 

 それでも無理だったら、本当に、ここの職場で1年耐えるしかない。

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。