愚行権の行使

忘れよう、朽ちよう。

「ただいま」と言える人がいる

f:id:juliajewelkali:20210109133154p:image

 

 小学生の頃から、1人で家路につき、真っ暗な部屋に電気をつけていた。

 

 「ただいま」と言わない生活をしていた。

 

 今は、「おかえり」と言ってくれる人がいる。

 

 「ただいま」と言える生活が、こんなにも幸せだったなんて、思いもしなかった。


f:id:juliajewelkali:20210109133200j:image

 

 大好きなハンバーガーを食べに行った。

 

 俺は、彼女が食事をしているところを見るのが好きだ。美味しそうにハンバーガーを頬張る姿が、愛おしい。とてつもなく可愛い。

 

 小学生の頃は、下校したら、1人でカップラーメンを食べる毎日だった。俺にとって、食事は1人でするのが普通だった。でも、今は、こんなにも愛くるしい彼女と一緒に、ご飯が食べれている。幸せ。身に染みて感じる。

 

 彼女と、もっともっと幸せになりたい。

 

 その為に、転職がしたい。

 

 

 昨日の記事で、久しぶりに愚痴を吐き出した。

 

 彼女には、「良い人達ばかりだ」なんて強がってたけど、ホントはつらかった。でも、前、東京にいた頃、俺が「つらい」、「しんどい」と言ってばかりだったのを、彼女が嫌がっていた。だから、黙ってた。

 

 昨日は、「もう無理だ」と感じたので、思いの丈を吐き出した。

 

 

 「昨日の自分に負けたくない」という想いは、修業時代から常々思う。

 

 俺は、この会社に働いていると、負け組の一員になってしまう気がする。

 

 

 前に進む。明るい光の方へ。

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。