愚行権の行使

忘れよう、朽ちよう。

三重県を出て、滋賀県へ。

f:id:juliajewelkali:20201218150200p:image

 

 今年、4回目の引越しです。愛知、東京、三重と来て、滋賀県に来ました。

 

 引っ越す度に、というかしょっちゅう彼女を怒らせている俺ですが、それでも着いてきてくれる彼女には感謝しかありません。

 

 

 今は、ラーメン屋に居ます。

 

 元々、アルバイトですが経験はあるし、悪い人ばかりではないので、やっていける気はしています。地元の人達なので、ノリが合うし、喋りやすいです。

 

f:id:juliajewelkali:20201218150628j:image

 

 昨日、彼女を連れて、母親とご飯に行きました。引越しを手伝ってもらい、スタッドレスタイヤを買ってもらいました。

 

 最初は否定していた母親ですが、ここまで来ると認めてくれたようで、リフォームの手伝いもしてくれると言っています。

 

f:id:juliajewelkali:20201218150915j:image

 

 荷物を片付けると言ってました。それは遠回しに、家を相続するという意味です。

 

 元からそういう手筈でしたが、「婚約者も住まわす」と言った途端に拒むようになったので、ちょっと揉めてました。でも、何度か会って彼女を理解するようになると、認めるようになりました。

 

 「認めないなら縁を切る」と言って連絡を絶ったくらいなので、覚悟を理解してくれたのでしょう。

 

f:id:juliajewelkali:20201218152253j:image

 

 彼女には苦しい思いさせてるし、色々迷惑かけつつも一緒に居てくれています。

 

 不幸な時期を乗り越えた先に、幸せがあると確信しているので、彼女には申し訳ないですが、今は忍耐の期間だと言ってます。

 

 ただ、ずっと我慢させてるのも心苦しいし、早くこの苦難を乗り越えて、彼女との幸福を実現したいです。

 

 

 その幸せな生活の基盤を築く為にも、持ち家と転職が必要だと考えています。

 

 今の仕事だと、帰りは日付が変わる頃になるし、朝も早いです。つまり、1日中彼女を1人ぼっちにさせる事になるんです。

 

 東京の時と同様、彼女に寂しい思いをさせてしまいます。

 

 

 飲食業は確かに経験あるし、自分でもやりやすいとは感じてるけど、『2人の生活』を考えた場合、どこか別の職場へ移った方がいいと考えています。

 

 俺は彼女と共にいる生活が幸せだから、もっと上の幸福を目指し、変化を求めて生きていきます。

 

 

 頑張ります❣️

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。