最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

【カルト宗教】死を崇拝する『サンタ・ムエルテ』とは?

 

 死とは、多くの人にとって恐れられるものであり、考えたくもない事でしょう。

 

 しかし、それを神として擬人化し、崇拝する宗教があります。

 

 それが、今回語る、『サンタ・ムエルテ』です。

 

f:id:juliajewelkali:20201201144139j:image

 

 主に、メキシコなどで信仰されているこの宗教は、麻薬カルテルやマフィアなどからも、強い信仰を集めています。

 

 また、信者の中には、ニューハーフなどもいたりします。

 

 

 さらに言うと、サンタ・ムエルテの信者は、キリスト教と掛け持ちしている者もいます。それは、なぜだと思いますか?

 

 理由は、彼らがキリスト教の教えでは救われない存在だから、なのです。 

 

 

 これはあくまで俺個人の意見ですが、外来の宗教というのは、人々に勝手に『罪』を擦りつけ、よくわからないまま贖罪を求められます。あまつさえ、契約をするよう迫り、信仰を押し付けてくるのに、その見返りは保証されていません。

 

 神の救済は、平等じゃないのでしょうか?

 

 

 しかし、死は平等です。全ての人類に、その時は訪れるのです。

 

 善人も悪人も、必ず死にます。

 

 

 平和ボケしている人は、死が老後に来るとぼんやり考えていたりします。違います。死は、いつ来るかわかりません。明日も命があるという保証は無いのですから。

 

 だから、この宗教を信じている人にとって、死は身近であり、また、特別で絶対的なものなのです。

 

 

 死を崇拝する時、過去の悔やみや未来の恐れなんて忘れて、今を生きるという境地に達します。

 

  あなたが、今本当にやりたい事って、何ですか?

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。