最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

堀江貴文『遊ぶが勝ち!』を読みました

f:id:juliajewelkali:20201125202701j:image

 

 時間とは命そのものであり、それを他人の為に費やすという事は、他人の為に生きている事になり、無駄な時間を過ごしていると言えます。つまり、他人の為に生きているのと一緒なのです。

 

 また、ホリエモン氏は"意味があるのは、短期的な目標だけ"(p34)とも語っており、長期的な目標を立てる事の意味の無さを語っています。

 

 これは一理ある考え方で、未来の事なんて誰にも分からないのだから考えるだけ時間の無駄、という事です。そんなことに時間を割くくらいなら、今やるべき事は何なのかを考える事が大切であると語られています。

 

 さらに、思考の大事さはしつこいほど語られていますが、思い立ったら即行動に起こす事が、人生を謳歌する方法であるとも書かれています。

 

情報をインプットするだけで終わらせてはならない。それでは、ただの思考停止だ。気になった情報には、「考える、調べる、試す」という行動を軸に、必ずアウトプットをセットにしてほしい。(p99)

 

 自分の情熱に従って行動する。今からでも動き出す事で、昨日までの自分を超えていく。それが正に、今この瞬間を生きるという事なのです。

 

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。