最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

俺だけ別会社に移籍しました

f:id:juliajewelkali:20201105010625j:image

 

 一昨日、会社が倒産しました。そして今日、その件について、俺、社長、本部の三者面談がありました。

 

 結果、契約社員としてですが、社長の経営する別会社に残してやる、と言われたのです。社内じゃ唯一、移籍という選択肢を与えられました。

 

 現在、東京で研修中なんですが、その途中で解雇となりました。その研修を明日からまた続けて、良き評価を貰えれば、正社員にしてやる、との事。

 

 

 何で上から目線やねん。

 

 俺がいなければ店が回らないらしいんですが、そんな事知ったこっちゃありません。一度解雇されてしまえば、あなた方はもう上司では無いのだから。

 

 ただ、昨日の記事でも書いた通り、俺は社宅に居るので、ここを辞めるとホームレスになるか、どこか寮付きのとこで家賃を払って行かなければなりません。

 

 

 だから、いやいや残るしかないか。そう思ってた昨日、母親からメールが着ていました。その日は無視したんですが、今日、何ヶ月かぶりに母親へ電話しました。

 

 彼女が妊娠した事、東京にいる事、解雇された事、移籍する事など、近況を伝えました。

 

 そして、家の相続についても話しました。

 

 実は、昨日の記事には書きませんでしたが、実家に寄っていたんです。が、誰もいませんでした。不思議に思っていたのでその事について訊いたところ、もう住んでいないとの事。

 

 そして、俺に相続してくれる事も確認しました。

 

 

 持ち家が出来るので、もう無理して移籍する必要ねえな、と思ってます。

 

 田舎に帰って、新しい職場を探し、新天地での成長を志すのも悪くないでしょう。

 

 

 彼女によると、これから冬にかけて運気が悪いらしいですので、地元に戻ったら良くない事が起きるんでしょうか?

 

 縁起でもない事を言うべきではないか笑

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。