初めてのお泊まりデート💜

f:id:juliajewelkali:20200725120319j:image

 

 

 23日から25日の朝まで、2泊3日のお泊まりデート。

 

 1人じゃ行きにくいスタバ。オシャレ過ぎて俺には合わない所だけど、彼女と一緒なら行ける。

 

 俺は、大好きなキャラメルフラペチーノを頼む。彼女は新商品のイチゴを注文。

 

 マフィン、ツナサンド、エビのビスクかなんか。商品名覚えてないけど、とりあえず全部美味かった。

 

 食事の時、ずっと笑顔なの、めっちゃ可愛い。美味しそうに食べるところも、また可愛い。

 

f:id:juliajewelkali:20200725161759j:image

 

 23日が公開日で、めっちゃ楽しみにしてたコンフィデンスマン。

 

 映画館の中でも、ずっとイチャイチャしてた。

 

 「え?そこに着地するの?」って終わり方だったけど、道中が面白かったから良かった。

 

 

 三浦春馬、かっこよかったよ。

 

f:id:juliajewelkali:20200725162241j:image

 

 色々服屋さんを回った後、お昼ご飯。物珍しい、普段食べない物が食べたかった。

 

f:id:juliajewelkali:20200725162537j:image

 

 明太子入りのモツ鍋。初めて食べた。美味し。

 

 ご飯おかわり自由だから、3杯くらい食べた。大盛り。

 

 いつもはご飯を食べなくて、お菓子とかで済ましちゃうんだけど、彼女と一緒なら、食欲が湧いてくる。

 

f:id:juliajewelkali:20200725162807j:image

 

 彼女が前に「オムライスが好き」と言っていたので、この店を選んだ。

 

 白いオムライスという、変わった料理を出してくれる。あと、マグロカツ。

 

 「食べたことない」と言っていた。「美味しい、美味しい」と言いながら食べてくれる彼女が、愛おしくてたまらない。

 

 

 その後また服屋を巡り、ラブホテルでお泊まり。

 

 彼女がアンケートに「カルボナーラを追加してほしい」と書いていたのが採用されたみたいで、メニューが変わっていた。

 

 俺はいつも通りピザを食うけど。

 

 

 あと、彼女と初めて酒を飲んだ。何年も飲んでいないというので、軽いチューハイを。俺もそれに合わせて、似たような奴を飲む。

 

 彼女は、「オレンジレンジが好きだった」というので、俺も好きだったし、ライブDVDを買っていた。それを見ながら、乾杯。

 

 

 度数3%なのに、顔真っ赤にして、目もとろ〜んとしちゃってるから、ひと缶で止めて、横になってもらった。

 

 そしたら、「絶対離れないでね」、「いなくならないで」、「ずっと一緒にいたい」と言いながら、号泣。

 

 涙を拭いてあげながら、「愛おしいなぁ…」と感じた。絶対、結婚しよう。

 

 

 ホテルの朝食は、和食。寝ぼけてたから写真撮り忘れた。美味くはなかったけど、不味くもなかった。普通。50点くらいの味。

 

 そんなことより、目を覚ましたら彼女がいるっていう光景が、心の底から幸せ。

 

f:id:juliajewelkali:20200725163834j:image

 

 腹を満たしたら、昨日買ったばっかりの服を着て、当てもなくお出かけ。

 

 空港にあるショッピングモールで、3時間以上遊んでいた。

 

 人生初のタリーズ寄って、ゲーセンへ。

 

 ゲーセンで遊んだのは2回目なんだけど、彼女はゲーセンで遊んでる時、めっちゃ楽しそう。お目当てのオモチャが手に入って良かった。紫のサメ笑

 

 

 あと、夏祭りを模したイベントをやっていた。

 

 今年はコロナの影響で、行きたかった祭りが中止になった。彼女と夏祭りとか、エモくて楽しみだっただけに、残念だった。

 

 なので、こういった所で、雰囲気だけでも楽しんでみる。

 

 

 クジをやってみた。4等。空気の入ったバット。彼女が好きな、トイストーリーが描かれている。

 

 彼女は1等を当てた。園児くらいの大きさをした、空気の入ったハンマー。俺が大好きな、仮面ライダーゼロワンが描かれている。

 

 俺は、飛び跳ねながら喜んだ。その拍子に、財布を落とした。他のお客さんが呆れながら、落ちたことを教えてくれた。

 

 彼女も、1等を当てたのは初めてだと言っていて、喜びを分かち合う。

 

 

 他には、駄菓子屋で、彼女の息子へのプレゼントを買った。

 

 その後、服屋を巡る。彼女が好きな服を、いっぱい買ってやった。彼女が服を選んでる間、俺はバットやハンマーで彼女を叩いて、暇を潰す。

 

f:id:juliajewelkali:20200725172331j:image

 

 次に、彼女が前々から行きたいと言っていた焼肉屋へ。

 

 お肉を美味しそうに平らげる彼女が、可愛くて、愛おしくて、たまらない。ああ、ホント好き。愛してる。

 

f:id:juliajewelkali:20200725172538j:image

 

 あまりにも幸せで、涙が出る。なんで俺なんかを愛してくれたんだろうって、不思議に思う。

 

 家に帰り、愛を語り合って、眠りにつく。生まれて初めてキスマークを付けた。

 

 ずっとイチャイチャしてられる関係が、物凄く素敵だなと感じる。幸せを噛みしめると、また涙が出る。

 

 こんな俺を幸せにしてくれた、彼女に感謝しかない。ずっと大切にする。共に生きていくと誓い合った。

 

 

 翌朝。6時には目が覚めた。仕事で家を出ないといけない、という現実が、2人を苦しめる。離れたくない。ツライ。

 

 愛し合って、「行ってきます」のチューをして、後ろ髪を引かれる想いで、原付にまたがった。

 

 

 彼女と同棲してからの生活に、不安を感じてなかったかと言えば嘘になるが、こんな幸せな日々が続くのかと思うと、早く一緒に住みたいと、そう強く思った。

 

 仕事中も、虚無感というか、寂しい思いに胸を締め付けられて、「早くまた会いたい」とばかり思ってしまう。

 

 以心電信を聞きながら、前向きに事を考えよう、と自分に言い聞かせる。

 

 

 愛してる。22年間生きてきて、こんなにも幸せな出来事は無かった。彼女となら、今日を上回る程の幸せが、未来で待ってる気がする。楽しみだ。

 

現在進行形のラブレターは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。