彼女の子供と電話した

f:id:juliajewelkali:20200722205554j:image

 

 休憩時間に、彼女と通話していた。子供が同じ部屋でオモチャ遊びをしていたので、「誰〜?」と言ってきた。

 

 彼女はその場をごまかそうとしたが、「息子と電話したい」と言って、変わってもらった。

 

 名前や年齢、スーパーヒーローの話をした。戦隊ヒーローが好きだと言うので、欲しいオモチャを訊いた。

 

 「今度、買ってあげるね」

 

 喜んでくれた様子を感じて、こっちまで嬉しくなる。

 

 「友達になってくれる?」

 

 「いいよ。友達になってあげる」

 

 謎の上から目線に笑ってしまったけど、中学生以来はじめての友達が出来て、飛び跳ねるほど嬉しかった。

 

 「今度、公園で遊ぼうね」

 

 「うん」

 

 彼女に電話を変わった後、「オモチャは買わなくていいからね!!!」と言われたのが残念だったけど、なんか、物凄く感動した。

 

 これが、彼女の子供なのかぁ、って。

 

 動いている様子を、ビデオ通話で見せてもらったりはしてたけど、会話をしたのは初。可愛くて可愛くて、たまらなかった。愛おしかった。

 

 なぜか、電話を切った後に涙目になる。

 

 

 子供嫌いなはずだったのに、なぜだろう。彼女と付き合ってから、子供が欲しいと思うようになった。

 

 店に来る家族連れの子供とか、よく見てしまう。この家族はどんな人生を歩んできて、なんで子供を産んだんだろうなぁ…とか、色々と想像する。

 

 なんでこの親は、こんなに子供の扱いが雑なんだろうとか、よく思う。俺ならもっと、大切に育てるのに。

 

 

 ああ、また泣きそうになる。なんでか自分でもわからない。ビデオ通話の時もそうだった。

 

 愛おしい。ただ、この一言に尽きる。

 

現在進行形のラブレターは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。