以心電信

f:id:juliajewelkali:20200721025313j:image

 

 黙ってても心で通じ合ってるとか、確かにそれは素敵なことで、俺も彼女も、それを感じられる時があるのは事実。

 

 でも、言葉にしなきゃ伝えられない事もある。

 

 それが、有り難みと愛情だ。ちゃんと表現しないと、相手には伝わらない。

 

 

 彼女と付き合って3ヶ月。毎日、「愛してる」と言ってきた。1日で、何回も何回も言う。

 

 正直、自分でも驚くのが、俺は彼女と付き合うまでは、口数の多い人間ではなかった。なのに今は、思った事を、ちゃんと口にして彼女へ伝えられている。

 

 

 前職の蕎麦屋じゃ、バイトと口を聞かない日だってあって、師匠からコミュニケーション能力について叱られた事は幾度となくあった。

 

 対人恐怖症や人見知りの類である俺が、彼女と接する事で変わり始めた。俺に変化をもたらしてくれた彼女に、感謝しかない。ありがとう。愛してるよ。

 

 

 彼女は俺を成長させてくれた。彼女からは色んなものを与えてもらっている。

 

 してもらってばっかりではダメだ。俺が彼女にお返しできるものはなんだろうか。

 

 

 愛。俺の愛を、彼女に注ぐ。

 

 彼女を幸せにしたい。俺を選んでくれた彼女を、後悔させたくないんだ。

 

 俺はよく、「メメント・モリ」や「カルペ・ディエム」を意識する。それは、自分だけでなく、彼女へ贈る言葉でもあるんだ。

 

 彼女にも、死ぬ前に後悔はしてほしくない。俺と出逢って幸せだったって、そう感じてもらいたい。

 

 

 その為に、出来る事は何だろうか。

 

 愛し合っている今の関係を、変えたくはない。だからと言って、俺は変わらずに居ていいものだろうか。

 

 否。成長をしていかねばならないのは、誰の目にも明白。

 

 

 刺激。彼女がよく言う。

 

 俺と一緒にいれば退屈しないって、そう思わせてやろう。

 

 

 2年後の4月3日に結婚する。それまでの間に、俺の本性が見えると彼女は言った。

 

 別に俺は演技してるつもりはないけど、一緒に暮らす事で、俺の色んな面が見れると言った。

 

 「素のままでいてね」

 

 優しくし続けたって物足りなくなるし、だからといって口うるさくしてれば良いってもんでもない。

 

 束縛しなさすぎるのも刺激が足りない。だからといって、縛り続けても窮屈になる。

 

 難しいな。恋愛って。

現在進行形のラブレターは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。