愚行権の行使

忘れよう、朽ちよう。

俺は謝罪を求めない

 

 こないだ、女性2人と飲みに行った話を書いた。彼女と、その親友と。

 

 結婚を考えているっていう報告だった。向こうは、「絶対、幸せになれないよ」と返した。その発言を聞いて、彼女は泣いた。

 

 俺が愛する女性を泣かせやがった事に、苛立ちを隠せなかった。

 

 

 後日、女友達が店にやって来た。俺が愛煙してるリトルシガーのカートンを持って。

 

 挨拶されたが、目を合わせるだけで無視した。何度呼びかけられたって、知らんぷり。

 

 「これあげる」

 

 「いらない」

 

 「せっかく買ったのにぃー!」

 

 んなもん知るか。恩着せがましい。タバコ貰ったら許すとでも思ったのか?

 

 

 俺は俺のやり方で彼女を幸せにする。女友達の言う『幸福』にも共感できるし、一つの生き方として素晴らしいと思うけど、俺は愛する女性の幸せこそ尊重したい。

 

 

 その会食で、俺は問うた。

 

 「あなたの言う、"幸せ"ってなんですか?」

 

 「子供の幸せが、私の幸せかな」

 

 彼女は子持ちなんだけど、子供と離れる道を選んだ。それが彼女の想う、子供の幸福なんだ。俺は、その考えに同意した。

 

 女友達は、断固として否定した。「納得できない」と。

 

 俺は内心思った。幸福を押し付けるな、と。

 

 口には出さなかった。態度で示した。話しても理解できない人間と喋ったって、時間を無駄に消費するだけだ。そんな奴とは、関わらずに生きていくしかない。

 

 

 去り際、女友達は言った。

 

 「怒らせちゃった〜」

 

 悪びれる様子は感じられなかった。謝る事はなく、「こないだは、ありがとうね〜!」と言って帰って行った。

 

 

 俺は謝罪を求めない。嫌いな奴とは、もう金輪際、関わらない。

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。