愚行権の行使

忘れよう、朽ちよう。

彼女は子供を産めない体

 

 俺は我が子が欲しい。でも、彼女は薬の副作用で赤ちゃんが産めない。

 

 「もし、子供が欲しいなら別の女にするべきだよ」

 

 俺はただ子供が欲しくて付き合ってる訳じゃないし、彼女と共に暮らして、幸せを分かち合いたいから一緒にいる。

 

 「別れるなんて選択肢は選びたくない。だから、お互いに嫌なところがあったら指摘しあって、改善していこう」

 

 そうやって話し合った。正直に生活して、本音をぶつけ合いたい。

 

 彼女は自分の意見をちゃんと言う人なので、俺の短所はちゃんと伝えてくれるし、嫌なことは嫌だと言ってくれる。そこを直していきながらじゃないと、この生活が長く続かないこともわかっている。

 

 正直、恋愛自体初めてなので、どうして良いかわからないことだらけだけど、試行錯誤しながら、この関係を続けていきたいと考えている。

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。