最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

「結婚する?」

f:id:juliajewelkali:20200411172519j:image

 

 「いっぱいいっぱい、ありがとう」

 

 そう言われた。

 

 彼女は俺に似て、まともな人生を歩んできてない。俺はそこから立ち直り、いや、開き直り、望んで外道を歩き続けた。でも、彼女は違う。本当は心が弱いのに強がっている。

 

 姉御肌を装っているが、本当は人から嫌われるのを恐れた八方美人だし、弱点を上手く隠しているに過ぎない。だから、誰かが守らないと、彼女はストレスで病んでしまう。

 

 俺が、支えてあげないと。そう思った。だから、結婚したいって言ったんだ。

 

 「もうちょっと待ってね」

 

 彼女には既に子供が2人いる。その子らの事情もあって、すぐ共に暮らせる訳じゃない。でも、俺は彼女と一緒にいたい。そばで、守り続ける。そう決意したんだ。

 

 幸せに、するから。

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。