最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

女性と2人っきりでお喋りしているだけで幸せなのかもしれない

お題「今日の出来事」

 

 昨日の記事の続き。パートの女性がさ、「昨日、暗かったらしいじゃん。話聞くよ」と言ってくれた。

 

 向かいの店で働く店員さんが、LINEか何かで伝えらしい。気を使ってもらえた事もまた、嬉しくて泣けてくるよ。俺みたいな奴にさ。

 

 

 彼女が退勤後、フードコートに誘われた。

 

 おばあちゃんが植物人間になってツラい事、それによって家族が揉めている現状が情けない事、職場で陰口を叩かれていてうっとうしい事。

 

 色々話した。彼女はとても明るい人だから、こっちも元気を貰えて嬉しい。

 

 「面と向かって文句言えない奴の事なんか、気にしなくていいんだよ」

 

 喋っただけで楽になった。ホント、俺は幸せな環境に居られている。

 

 彼女は姉御肌というか、心が男っぽくて強い人なので、俺みたいな女々しい男からすれば、とても頼りになる。

 

 

 中華の店員から、プレゼントを貰ったお返しがしたいけど、何をあげれば良いのかわからない。そんな相談にも乗ってくれた。

 

 彼女といるだけで、俺は明るくなれる。根が暗い自分が嫌いだから、望む自分で居られるのが嬉しいんだ。

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。