最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

ローリングストーンであれ

お題「最近知った言葉」

 

A rolling stone gathers no moss.

 

常に活動している人は沈滞しない*1

 

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/034ELLY18420_TP_V.jpg*2

クレジット:ぱくたそ(www.pakutaso.com)

 

 働く時に意識するのは、昨日より新しい仕事が覚えられたか、あるいは生産性高く仕事を熟せたか。要は、今までよりも今日の自分が素晴らしくありたい。

 

 それは、座右の銘である『メメント・モリ』や『カルペ・ディエム』に影響を受けた働き方。

 

 人は必ず死ぬ。明日も命があるという保証は無い。だからこそ、今日一日を満足に過ごしていたい。怠けた日々を過ごしていては、きっと後悔するであろう。

 

 だから、夢や目標に向かって走り続けたい。身が持たないなら歩く。それすらしんどいのであれば、這ってでも進み続ける。

 

 昨日よりも、前に進んでいたい。

 

 その為、効率的に仕事を済ますよう意識してる。俺は仕事終わりに「忙しかった~!」などというビジネスパーソンで在りたくないし、今任されている仕事は余裕で熟せるように考えて働いている。

 

 なぜなら、「忙しい」という単語が出る時点で、その人にとってその役職が限界だからだ。そんな現状では次の段階へ進めないし、そうなりたくない。

 

 俺は上司や社長にも、「新しい仕事をくれ」と頼みに行く。もっと上の役職へ上がれるような、レベルの高い仕事を。

 

 成長したいんだ。その先に何があるか知らないけど、俺は常に変化を求めてる。

 

 人生は面白かったらそれでいい。逆に言えば、楽しくないような事柄は嫌だ。

 

 こないだ、「現場の仕事なんて余裕だから、俺を本社勤務にしてくれ」と偉そうな事を社長と上司に申し出た。その為の研修的な仕事として、店舗のマーケティングを任された。

 

 前職で一応の経験はある。それは『黒字店舗の売上をさらに上げた』という功績。でも、俺がやらなければならないのは、赤字店舗の黒字化。

 

 今までやった事のない仕事。正直言うと、ビビった。でも、「やってみせる」とハッタリをキメた。

 

 「俺に任せておけば大丈夫だから」と。

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。