最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

アナタの理解力に応じた世界しか見えていない

お題「最近知った言葉」

 

https://ginpatunosobasyokunin.tumblr.com/post/189080476116/quote-over100notes-jp-%E5%83%95%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AF%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%AE%E7%9F%A5%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%92%E9%80%9A%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%97%E3%81%8B%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%82%8B

 

 

  学びたい事柄というのは突然降ってくるもので、俺だってまさか自分が蕎麦職人になるとは思っていなかった。あの日、始めて手打ち蕎麦を食べるまでは。

 

 

 この世界は、自分の理解力に応じたようにしか見えていない。だから、悲観主義者にとってこの世界は地獄だし、楽観主義者には天国だろう。

 

 有神論者だから神が在るように思えるのだろうし、仏教徒だから仏がいると思える。

 

 物々交換でしか取引しない文化の人だったら、札束を見てもただの紙切れにしか見えない。

 

 現実は多分1つなんだろうけど、世界は77億個あると思う。各々、見ている世界が違うから。

 

 俺の場合は不二一元論者なんで、この世界は仮想現実だと確信してる。だから、この虚構をどう形作っていくか。それを吟味するのが人生なんだろうなぁ、と21年間生きてきて思う。

 

 

 何かをインプットした時、世界がまた違って見える。

 

 学びを得れば、自分と違う世界の人とは居辛くなってくる。

 

 レベルとかピラミッドに例えるのは嫌いなんで、俺の場合は「歩んでいる道が違う」と表現する。

 

 だから、今まで共に進んできた人とも、時には別れる必要がある。そうして、また違う世界へ足を踏み入れた時、新たな師匠が、そこには現れる。

 

https://ginpatunosobasyokunin.tumblr.com/post/188214514126/%E7%94%9F%E5%BE%92%E3%81%AE%E6%BA%96%E5%82%99%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%81%AB%E6%95%99%E5%B8%AB%E3%81%AF%E7%8F%BE%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AA%E6%A0%BC%E8%A8%80%E3%82%92%E8%81%9E%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%A6%E7%A7%81%E3%81%AF%E3%81%A8%E3%81%A6%E3%82%82%E5%A5%BD%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%99%E5%85%A8%E3%81%8F

 

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。