最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

なんで1日3食なのか、知ってる?

 

お題「朝ごはん」

 

f:id:juliajewelkali:20191231201237j:plain

 

当たり前のように一日三食の生活を続けてるけど、なんでなんだろう?

 

今日はその経緯に迫っていこう!

 

日本では一日二食の時代があった!

 

  江戸時代頃までは、肉体労働者以外の多くが一日二食の生活をしていました。

 

 朝起きた後と、16時頃。だから「夕食」と呼称します。

 

 なんで二食だけでよかったかと言うと、照明が今ほど発達していなかった当時では、夜間に生活しにくかったからです。

 

 菜種油が普及してから夜も明かりが灯るようになり、活動時間が延びるようになりました。仕事をしたり遊んだり。そうやって生活していると、お腹が空きますよね。徹夜すると夜食が食べたくなるのと同じです。

 

 こうして、一日三食のいう文化が日本に生まれました。

 

海外でも一日三食なのはなぜ?

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/hr20160715132505_TP_V.jpg*1

 

 日本では上記の経緯があったとされていますが、外人も同じように三食食べる習慣がありますよね。

 

 なぜ海外でもそうなっているかというと、一説によればエジソンの影響とされています。

 

 「どうやったら賢くなれるんですか?」といった主旨の質問を受けた際、「一日三食、しっかり食べる事だ」と答え、自身が発明したトースターを販促した事で普及した、というもの。

 

 俺が調べた結果だと、この説を裏付ける説得力のある根拠は見当たりませんでした。なので、日本と同じく夜の活動時間が増えた事によるものではないか、と推測しています。

 

参考文献

 

www.excite.co.jp

reistenza.com

serai.jp

www.belltea-blog.com

 

画像:フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。