最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

お米の正しい研ぎ方、知ってますか?

 

お題「どうしても言いたい!」

 

 いつもは雑学を投稿しているブログですが、筆者は一応料理人の端くれですので、たまには料理に関する事も投稿しようと思います。

 

 さて、お米の研ぎ方に関してはよく「水道水じゃなくてミネラルウォーターを使うべきだ」などの意見を散見します。

 

 ですが、その前に正しい研ぎ方を学ぶべきではないかと思うのです。間違った研ぎ方をしていては、いくら良い水を使っていたところで、その努力は水の泡。水だけに(笑)

 

 という事で今回は、正しいお米の研ぎ方について説明します。

 

f:id:juliajewelkali:20200129004354j:image*1

 

なんでお米を『研ぐ』と表現するの?

 

 昔は精米後も糠の汚れがひどかったので、お米をちゃんと洗う必要がありました。*2だから、「洗う」ではなく、「研ぐ」と言った言葉が用いられています。という事は、現在の精米技術であれば、研ぐ必要はもう無いんです。*3

 

 また、お米を洗う際に出る白い液体を汚れだと勘違いしている人が多数いますが、あれはデンプンです。お米の甘み成分と表現しても過言ではないでしょう。なので、水が透明になるまで洗うのは、旨味を洗い流しているのと同じです*4

 

 あと、多くの人が炊飯器の釜で洗っていると思います。今すぐやめるのをオススメします。釜のコーディングを傷つけてしまいますから。宝の持ち腐れになりますよ。

 

 人によっては、ボウルとザルを使って洗う方もいます。それもやめてください。ザルの穴が米を傷つけてしまい、無駄に水分を含む事になります。なので、若干べっちゃりとしたご飯が出来上がるでしょう。*5

 

 お米を使う時はボウルのみを使用してください。そして、かき混ぜるのは5,6回くらいで充分。ホコリなどの汚れはそれで取れますから。

 

 そして、水を捨てる工程は2、3回でいいです。水が白濁していても大丈夫。上記の通り、旨味成分なので残しておくべきです。

 

『シャリ切り』、してますか?

 

 「お米は出来たてが美味い」と聞いた事はありませんか?

 

 出来上がったら、すぐにシャリ切りの工程に入ります。しゃもじを入れてかき混ぜる奴です。

 

 炊飯器にそのまま数十分おいて蒸らす人がいますが、昨今の炊飯器はその工程込みで仕組まれているので、必要ありません。

 

 炊きあがったら、お米を十字に切ってから混ぜる事で、均等にしっかりと混ぜる事が出来ます

 

 なぜこれをする必要があるかと言うと、出来たてのお米は水蒸気に包まれているので、シャリ切りを怠ると若干水っぽいお米になりかねないからです。

 

 空気に触れさせて水分を蒸発させる事で、余計な水気を飛ばす事が出来るのです。

 

 

 今度ご飯を炊く機会がありましたら、ぜひ上記の方法を実践してみてください。今までの研ぎ方には戻れないと思います。

 

参考文献・出典

 

www.ktv.jp

news.1242.com

manpukubiyori.com

rassic.jp

mgkitchen.jp

www.komefuku.co.jp

www.ricepier.jp

 

画像:フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。