最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

ウサギが月で餅をつく理由、泣けると話題に

 

お題「行きたい場所」

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KAZUKIhgfdrfgh_TP_V.jpg*1

ぱくたそ(www.pakutaso.com)

 

月に行ってみたいな

 

ウサギが餅つきながら待ってるよ

 

インドの古典が起源だった!?

 

 『ジャータカ』という仏典があります。この本に登場する物語から、「月に兎がいる」という逸話が広まったとする説があります。

 

その話を引用します

 

 猿、狐、兎が山中を歩いていると、みすぼらしい姿をした老人に出逢いました。お腹を空かせている老人へ、食料を与えようと話し合った三匹。猿は木の実、狐は魚を取ってきて与えました。

 

 しかし、兎が取ってこれるのは雑草だけ。人間の食べ物にはなりません。そこで兎は、猿と狐に頼んで火を焚いてもらいました。そして、兎は老人へこう言ったのです。

 

 「私の肉を食べてください」

 

 そうして火の中へ飛び込んだ時、老人は帝釈天としての正体を現します。兎が捨て身で行った慈悲を後世に語り継ぐ為、月へ昇らせました。

 

これが、お釈迦様の前世とされています

 

なんで餅をついているの?

 

 月に兎がいる由来は、上記のお話が元になっています。しかし、餅つきのくだりは出てきていませんよね。

 

 単純に、模様が餅つきの様子に似ているからという説が有力。ですが、正直、月を見て「兎が餅をついているように見える!」なんて思った事ありますか?(笑)

 

 諸説ある内の一つとして、満月を表す「望月」(もちづき)「餅つき」とかけたダジャレから発生したというものがあります。*2*3

 

 こちらの説の方が、支持しやすいですね。

 

参考文献・出典

 

xn--h9jua5ezakf0c3qner030b.com

ja.wikipedia.org

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。