愚行権の行使

忘れよう、朽ちよう。

緑なのに「青信号」? その理由は・・・

 

お題「最近知った言葉」

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KZ190105008_TP_V.jpg*1

 

 

青信号って緑色だよね

 

なんで青信号と呼ぶようになったのか、説明しよう

 

緑色なのに、なんで「青信号」と呼ぶの?

 

 日本初の自動式信号機が設置されたのは1930年。当時、法律には「緑信号」と表記されていました。しかし、新聞では「青信号」と報道され、後者の呼称が定着していったのです。*2

 

 「青信号」という呼び名が広まった理由として挙げられるのが、日本で古くから使われている大和言葉。これについて、下記に引用します。

 

 元々、日本語では緑色の野菜を「青菜」、新緑を指して「青々とした緑」などと呼ぶ習慣があったため、緑色の信号灯を「青」と呼ぶ表現が違和感無く受け入れられ、定着したと思われます。*3

 

 引用に登場する例以外にも、青汁や青竹など、緑のものを「青」と呼ぶ時代がありました。

 

 

 因みに、現代の法律では「緑信号」ではなく「青信号」と呼び方が変わっています。

 

現在は信号の種類と意味が規定されている路交通法施行令第一章、第二条で、信号の色は「青色の灯火、黄色の灯火、赤色の灯火」とまぎれもなく「青」と表記されている。*4

 

参考文献・出典

 

news.mynavi.jp

motor-fan.jp

『疑問が解ける! 雑学大集合』(大創出版

*1:https://www.pakutaso.com/20190217036post-19428.html フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

*2:『疑問が解ける! 雑学大集合』 p12~13

*3:https://news.mynavi.jp/article/20170427-green_light/

*4:https://motor-fan.jp/article/10005887

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。