愚行権の行使

忘れよう、朽ちよう。

酒の「さかな」と呼ぶ理由、知ってる?

 

お題「最近知った言葉」

 

f:id:juliajewelkali:20191231201237j:plain

 

 

おつまみのこと、「さかな」って呼ぶのは何でなんだろう?

 

今日はその由来について、迫っていこうか

 

『肴』の語源

 

 元々は、お酒と一緒に食べるものを『酒菜』と表記していました。つまりは、どんな料理でもお酒と一緒に食べるものは全部、「さかな」だったんです。

 

 もっと言うと、歌や踊りなど、酒の席で楽しむものは何でも含めるそうです。*1

 

『魚』の語源

 

 『魚』は、もともと「うお」と呼ばれていました。しかし、江戸時代ごろから『魚』の読みが「さかな」になりました。

 

 上記の通り、酒のつまみを何でも『肴』と呼称していたんですが、その料理に魚を扱っているものが多かった。そこから、『魚』自体を「さかな」と呼称するようになり、現在に至ったとされています。*2

 

出典

 

www.pakutaso.com

サムネイル:フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

*1:『疑問が解ける! 雑学大集合』 p9

*2:ウィキペディアの執筆者,2019,「肴」『ウィキペディア日本語版』,(2019年12月6日取得,https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E8%82%B4&oldid=75261450).

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。